プロフィール

Author:barunballoon
バルン・バルーンは、仙台に住む学生や社会人が、今話題になっているトピックを、若者の視点から、わかりやすく、日替わりでお届けするブログです。

[月]ムービー
[火]投資
[水]適当学
[木]オレ様
[金]フードビジネス
・・・・コミュニケーション
[土]書評
[日]スポーツ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/05/08 (Tue) 12:36
火曜:起業レポート(仮)第2回

むーです燃えてます

始まりました企業レポート(仮)、2回目です

さっそくお便りから紹介しましょう

宮城県仙台市在住のstoneさんから、タイトル案です。

「アントラ」

アントレプレナーをもじったようですが、

あんまり俺はピンとこないです。

鹿島の方が思い浮かぶ

と、いうわけでタイトルはまだまだ募集しております。

採用された方にはあきたこまち10㌔ですよ

では、お時間もよろしいようなので本編いってみよ~




INTERVIEW
株式会社セレクティー代表取締役 畠山明氏(後編)


起業で大変なのは、

自分の得意分野でないこともやらなければならない

ということ。

それらが得意な人を集めなければならないのです。

当初は税務申告など、すべて自分でやっていました。

後にそういった仕事を担当した人が、

過去に提出した資料を見て、

「ボロボロだね」

と言うぐらい出来がひどかったものです。

一人でやるのは手漕ぎボートのイメージですね。

メンバーがそろうとボートにエンジンがつくと言った感じ。

            ◆◆◆◆

他社と差別化することがテーマでした。

教育産業は収益率が高くなく、参入障壁も低いビジネスです。

利益が上がらないという壁にぶつかった時は、

「仕組み」を工夫することで乗り越えてきました。

授業の料金設定などは外部からも真似できますが、

内部の仕組みは見えません。

顧客満足度を上げるために、

研修など内部の仕組みを常に改良し続けて、

合理的に流れるようにしてきました。

保護者の方や生徒さんの喜び、

そして社員や教える先生たちのやりがい、

これらをすべて実現しようという

針の先の穴ほどの点を追い続けてきました。

いくら給料を払っても、

いい事業をしないと社員はやる気になりません。

保護者の方にかけてもらう

「おかげさまで・・・」

という言葉がやる気にさせるんです。

           ◆◆◆◆

理念を大事にしつつ、仕組みを改良する。

そしてそれを支えるメンバーを集めることが重要ですね。

PROFILE
畠山明(はたけやまあきら)
1996年宮城県の小学校教員を退職し、家庭教師派遣事業の「セレクティー」を設立。2001年「家庭教師のアップル」として商標登録。プロ教師2000名以上の登録を誇る「個別指導のアップル」、「法人向け人材派遣のアップル」を展開し、現在に至る。


前編はこちらで読めます。

次週はインタビューはお休みで、はみ出しコラムです。

スポンサーサイト

2007/05/01 (Tue) 12:00
火曜:起業レポート(仮)第1回

どうもー、むーです

いきなり原稿落としました

日時指定できるからばれないばれない

・・・というわけで始まりました起業レポート(仮)

正式なタイトルは決まっていないので募集します

コメントにタイトル案書いてくださいな

採用された方には秋田こまち10㌔をプレゼント(笑)

閑話休題。

記念すべき第1回は「家庭教師のアップル」を中心に展開する、

株式会社セレクティーの畠山明氏にお話をお聞きしました

今回は畠山氏の起業のきっかけ、事業に対する思いが中心です

さてさて、それでは本編いってみよ~




INTERVIEW
株式会社セレクティー代表取締役 畠山明氏(前編)


私は郡部の小学校の教諭でした。

その小学校は日本でも数少ない木造校舎があり、

新米教師でも大切にしてくださる保護者の方々がいらっしゃいました。

今の私の教育に対する思いを育ててくれたところです。

しかし、一様ではない子どもたちそれぞれをサポートするには、

一人の教師ができることには限界がありました。

都市部のように教育について相談できる機関もなく、

塾などの不足、情報の不足も郡部の抱える悩みかもしれません。

そういったことを強く感じた時に、

「学校だけではできない何か」

をぼんやりと考えはじめました。

そしてそれは都市部にも必要な「何か」かもしれないと思いました。

私の教師時代が現在の仕事のヒントになっているのです。

「家庭教師のアップル」、「個別指導のアップル」が、

苦手科目のある生徒さんや、不登校の生徒さんなどに心血を注ぐのは、

「困っている生徒さんを絶対助けたい」

という思いからです。

携わった生徒さんの成長には大きな喜びがありますね。

アップルのロゴマークの青には、

「青は藍より出でて藍よりも青し」

という意味も込められているんです。

PROFILE
畠山明(はたけやまあきら)
1996年宮城県の小学校教員を退職し、家庭教師派遣事業の「セレクティー」を設立。2001年「家庭教師のアップル」として商標登録。プロ教師2000名以上の登録を誇る「個別指導のアップル」、「法人向け人材派遣のアップル」を展開し、現在に至る。


いかがだったでしょうか?

今回は畠山氏の思いを中心に取り上げました。

後編となる次週は、畠山氏が事業を続けていくために

必要だと考えているもの(こと)を紹介します。

テーマ : 起業 - ジャンル : ビジネス

2007/04/24 (Tue) 12:00
火曜:起業レポート(仮)第0回

はじめましてこんにちは

燃える火曜日担当の「むー」です

現在大學6年生です(^^ゞ

早く人間(社会人)になりたーい

妖怪人間ベムですよ、知ってますか?

・・・まあ、それはさておき本題に入ります。

火曜のテーマはズバリ「起業」です

こっからちょっとまじめになるよ

政府が新規事業の創出に力を入れて数年が経ちます。

いわゆる「1円起業制度」の施行以来、

2006年1月までにこの制度を利用した企業数は

33,543社。

2006年5月からは新会社法が施行され、

最低資本金制度の撤廃で格段に登記のハードルが下がりました。

見回してみると

「好きなことを仕事に」


と個人で事業を立ち上げる人たちも目立つようになり、

団塊世代の退職後の起業というケースも見られるようになりました。

しかし!

中小企業白書によると、

一年経過後の事業の生存率は、

会社ベースで約80%。

個人事業所では、

約60%

とシビアな数字です。

事業を継続していくことも大変なんですね。

そこで火曜日は、


「事業を続けていく上で
どんな困難が待っているのか?」




「困難を乗り越え、
成功するために必要なものは?」



この2つを起業家の実体験を交えてレポートしていきます。

業種や業態を問わず、起業家たちに突撃取材!

アッと驚く裏話も聞けるかも、ですよ。

自分も起業家予備軍として楽しみです




本編は5月1日から公開予定!

乞うご期待!!!

テーマ : 起業の実際 - ジャンル : 就職・お仕事

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。