プロフィール

barunballoon

Author:barunballoon
バルン・バルーンは、仙台に住む学生や社会人が、今話題になっているトピックを、若者の視点から、わかりやすく、日替わりでお届けするブログです。

[月]ムービー
[火]投資
[水]適当学
[木]オレ様
[金]フードビジネス
・・・・コミュニケーション
[土]書評
[日]スポーツ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/24 (Sun) 19:27
久々の快勝

どうも。こんばんは。

昨日飲み過ぎてちょっとあたまがぼーっとしてますnobeです。


昨日はベガルタ仙台がホームで3-0で愛媛に勝利しましたね。
直接スタジアムに足を運ぼうと思ったんですが、あまりに熱くて外に出る気にならなかったのと、そもそも起きたのが13:00だったのもあって、テレビ観戦でした。


前半の終わりに梁選手が冷静にゴールに押し込む。
あのシーンはよかったですね。
DFの抜けた穴に走りこんでゴール!!

2点目はPKでロペスが。
3点目は菅井が。

全体を通して優位に試合が進んだのは良かったんですが・・・。
やはり最後のシュートの場面がだめだめでしたね。


日本選手は海外に比べてゴール前でのプレーの質に圧倒的な差がある。
といわれ、個人的にもそう思うのですが。

大事なところでトラップミス。シュートはへなちょこしゅーと。
観てて残念でしたね。


もう少しシュートの精度があがらないのか?
今の日本のサッカーの問題点の一つ、でしょう。


でも。
個人的にベガルタが勝ったのでビールが上手い夜でした(笑)
スポンサーサイト

2007/06/17 (Sun) 18:17
芸術的なFK

こんばんは。

nobeがお送りします。

サッカーにはいくつもの得点パターンがあります。

その中でも一際輝きを放つプレー。

そう


それは


FK(フリーキック)



FKには2種類あるんです。
直接FKと間接FK。

直接の場合はゴールにボールが入ればそのままゴールとなります。
間接の場合はゴールに入る前にキッカー以外の選手を介さないといけません。

直接FK。
いまだ名手といえばやはり「ベッカム」でしょう。
イングランドのMFです。
彼のボールは速く曲がるんです。

ボールは球速を速くしようとするとあまり曲がりません。
かといって曲げようとするとどうしても球速が落ちる。
球速が速いと曲がらず単調な軌道を描くためGKにとられやすい。
球速が遅いといくら曲がってもGKにとられやすい。

ところがベッカムはどちらもかなり高い質なんです。


個人的にはベッカムのFKが一番キレイですね。



ちなみに右はベッカム。左ならロベカルことロベルト・カルロス。
悪魔の左足と言われた伝説のFKは衝撃です。
コレ

ぱっと見はたいしたことないように思えますよね?
いえいえ。

アウトサイド、という足の外側で蹴り出してアウト回転(ex.左足で蹴って右から左へ曲げる回転)はプロでも難しいといわれています。

僕なんかが蹴ったらあさっての方向へ飛んでいきます(笑)


日本人なら中村俊輔でしょうか?

個人的にはガンバ大阪の日本代表、遠藤のFKが好きです。
彼のFKもきれいなんですよね。
ふわ~っとゴールに吸い込まれるFKはもはや芸術。



FKはただその正確性だけが全てではないのです。
キッカーとGKの心理戦も重要。

壁がある場合は壁のどちらから蹴るのか?
ゴールは右隅か?左隅か?
右足で蹴るのか?左足で蹴るのか?

様々な「読み合い」。

静かな戦い。


FKという芸術が生まれるには駆け引きがあるんです。
その駆け引きに吸い込まれ、ボールもゴールへ・・・。


FKは奥が深い。それは芸術に似ているから、なのかもしれません。

2007/06/10 (Sun) 16:38
サッカー好きか?

どうも。

こんにちは。nobeです。
雨でイヤになってしまいますね~。

さてさて。
タイトルですが。

某サッカー漫画の有名な台詞ですね。
実家へプチ帰省してついつい読んでしまう(笑)

そこで漫画の登場人物から問われた台詞に「はっ」としました。そんな事から今日は僕がサッカーが好きな理由と面白さについてちょこっと語らせてもらうかと思います。



そもそも、サッカーって手を使ってはいけませんよね(GKは別。)
そこが実はサッカーを面白くしている点だと思うんです。

手は使えないから足・胸・頭などなど。あらゆる他の身体を使ってプレーする。

制限があるからこそ、そこから生み出されるプレーの数々は素晴らしいものに見える。感動する。そんなところでしょうか。



加えて。
サッカーはほかのスポーツと違ってコミュニケーションがとりづらい。
一旦ピッチにたてば後は攻守が目まぐるしく変わります。

そんな中で「言葉」ではなく、「目・目線」=「アイコンタクト」だけで(勿論声も入りはしますが・・・)あの華麗なプレーは生まれる。

目と目が合って、
「裏のスペースへ走るよ」とFWが言い、
「裏のスペースへパスするよ」とMFが言い。

2人の目線がカチッとはまった次の瞬間。
見事なスルーパスから得点が生まれる。

本当に小さな小さな奇跡。


これがあるからサッカーって面白いんじゃないかな、と。
人生もそうでしょ?
コミニュケーションが上手くとれてお互いの気持ちが通じ合った瞬間は心の底から「やったあー」って思っちゃう。

制限から生まれる創意工夫。
小さな奇跡。

この2つがサッカーが好きな理由ですね。

みなさんは自分の好きなスポーツのどこが好きですか??どこに魅かれるのですか??

そんな事をちょこっと考えるとますますサッカーが、スポーツが好きになる。そんな自分も好きになれると思う。



みなさんはサッカー好きですか?

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。