プロフィール

Author:barunballoon
バルン・バルーンは、仙台に住む学生や社会人が、今話題になっているトピックを、若者の視点から、わかりやすく、日替わりでお届けするブログです。

[月]ムービー
[火]投資
[水]適当学
[木]オレ様
[金]フードビジネス
・・・・コミュニケーション
[土]書評
[日]スポーツ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/30 (Sat) 01:37
食べるを考える その6

どもマッキーです。
先週に「食べものはどこから来るの?」
なんてテーマを立ち上げてみましたが
そう言ってる自分が食べ物について無知だったなぁ
と実感する出来事が多いです。

例えばミートホープの事件ですが
あの事件はそれこそ食品に対する
信頼を根底から揺さぶるような事件です。
我が家の朝食では冷凍食品のミートボールや
ハンバーグ、コロッケ、フライドチキンがけっこう高い頻度で
出ていて、幼い私はそれは喜んでこういうものを食べていたわけです。

それが後になって添加物まみれだったとか
よくわからない肉を使っていたとか
賞味期限切れをごまかしてたとか
続々と表面化してきている。

恐らく表面化しているのは氷山の一角で
業界ではいわゆる「常識」とやらに
なってしまっているような気がします。

食べ物はどこから来るかを考えていたら
日常のありとあらゆる局面で
「何かおかしい」と感じるようになりました。

自動販売機でジュースを買えば
果汁1%とか平気で書いてあります。
じゃあ残りの99%は何なんだと。

他にも米から作っていない日本酒や
麦から作っていないビールや
大豆から作っていない醤油とか
そんなんばっかりです。

まぁ良く考えないで食べていた自分も自分ですが
ちょっと考えると不自然なことだらけなんですよね。

食べ物との付き合い方を
少し見直すときが来ているのかもしれません。





スポンサーサイト

2007/06/27 (Wed) 23:46
【適当学(水):第10回】Deca-Dance

もう10回を数えました。素人に毛が生えたレベルで、マダムにワインを注ぐのが怖いstoneです。

コレまで、私なりの観点から、広義に暮らしを彩るコトをテーマに適当学を考えてきました。

という訳で、今回はお待ちかねの総集編です。


第1回:君と聴いたあのイントロが鳴り出せば…

適当学ってなんだろう?そもそもの始まりから、適当にそのイントロダクションをさせていただいております。


第2回:今夜はブギー・バック to 90s 《90s flash Back No.1》

ARABAKI ROCK FESにおける、ある事件をきっかけに、(たぶん)シリーズ《90s flash Back》 No.1として、90年代の音楽を、その問題の曲から、あらためて考え直してみました。


第3回:Fighting Architecture

芸術と暮らしの狭間で戦い続ける建築家について考えてみました。芸術は自己完結できても、建築はそれが許されません。


第4回:Is This Infrastructure?《インターネットは万能ではない(第1回)》

ある事故をきっかけに、(たぶん)シリーズ《インターネットは万能ではない》第1回として、生活におけるインターネット回線について少し考えてみました。


第5回:ボロのサイフのオトコ

お金の出入口、サイフについて考えてみましょう、という話。決して悪い意味でなく、それは、少し背伸びしたくらいのアナタに見合ってますか?


第6回:キダ・タローはAPEがお好き?

思ったより、真面目な話が続いたので、息抜きを…。適当楽を極めた世界のmusicianの昔の…を並べてみました。


第7回:アペリティフの日

数年前、フランスで始まった、6月第一木曜、アペリティフの日のご紹介をさせていただいています。お世話になっているチーズ屋さんなんかにも触れています。心の余裕を持って、食を楽しむコトを考えました。


第8回:アジアの純真

Little Asiaというイベントに絡めて、アジアの文化の魅力を考察してみました。「猥雑」と「快楽」から見えてくる、ハレもケガレも受け止めて自然に生きるアジア的な生き方を取り留めなく…。


第9回:100万人のキャンドルナイトと1つ1つのキャンドルホルダー

100万人のキャンドルナイトのご紹介をさせていただきました。自然の尺度の中で、スローに生きるコトって大切だし、それを取り戻す必要性を感じます。

ちなみに、その日、友人が六ヶ所村に行ったと聞いて嬉しくなりました。そうやって、エンがつながっていくコトを適当学では、何よりも大切にしています。


<今週の1枚:大アジア人>

dai_la

2007/06/26 (Tue) 16:02
外国株式Ⅰ - 全般について

どうもyosiです。

外国株式について考える前に、全体を俯瞰してみましょう。

大きく分けて、2種類の国に投資することになると思います。
先進国と新興国です。

先進国については日本と同じ投資スタンスが良いと思われます。
インデックス投資かバリュー株投資ですね。

新興国についてはさまざまありますが、
一般的にアクティブ運用が良いと思われます。

それは、新興国の情報は即座にいきわたるわけではなく(これは、国内にお金があまり無く、外国からの投資が主体になっているからだとお思われます)、それによって全ての投資家が効率的な行動を取るわけではないからです。

つまり、その国々の運用に強い投資信託会社を選べばよい、ということになります。

※参考までに、新興国をざっと挙げてみると、
・インド
・中国
・ロシア
・東欧諸国
・ブラジル
・ラテンアメリカ諸国

・韓国

と言った感じです。
韓国は新興国かどうか微妙ですがね。

次回は、先進国のファンドを見ていきましょう。

2007/06/24 (Sun) 19:27
久々の快勝

どうも。こんばんは。

昨日飲み過ぎてちょっとあたまがぼーっとしてますnobeです。


昨日はベガルタ仙台がホームで3-0で愛媛に勝利しましたね。
直接スタジアムに足を運ぼうと思ったんですが、あまりに熱くて外に出る気にならなかったのと、そもそも起きたのが13:00だったのもあって、テレビ観戦でした。


前半の終わりに梁選手が冷静にゴールに押し込む。
あのシーンはよかったですね。
DFの抜けた穴に走りこんでゴール!!

2点目はPKでロペスが。
3点目は菅井が。

全体を通して優位に試合が進んだのは良かったんですが・・・。
やはり最後のシュートの場面がだめだめでしたね。


日本選手は海外に比べてゴール前でのプレーの質に圧倒的な差がある。
といわれ、個人的にもそう思うのですが。

大事なところでトラップミス。シュートはへなちょこしゅーと。
観てて残念でしたね。


もう少しシュートの精度があがらないのか?
今の日本のサッカーの問題点の一つ、でしょう。


でも。
個人的にベガルタが勝ったのでビールが上手い夜でした(笑)

2007/06/23 (Sat) 01:28
食べるを考える その5

こんばんわ。マッキーです。

今回の食べるを考えるでは
「食べ物はどこから来るの?」
というテーマについて扱ってみようと思います。

最近は「刺身がパックごと泳いでる」
なんて話を本気で信じている小学生がいると聞きますが、
ちょっとそこまでぶっ飛んだ考えをする子供は稀だろうと笑いつつも
食べ物の生産現場と食卓に距離が生まれている象徴的な話だとも思います。
それだけ日本の食料の流通形態が複雑になったということでもあります。

「食育」という言葉が流行るようになったのも
その辺のひずみを埋めるためというのが一般的な定説となっています。

でも考えてみると食べ物に対する教育は私が子供の頃からあったようにも思います。
食べ物のありがたみがどうだの
給食は残さず食えだの
そんなことは私が小学生の頃からずっと言われていました。
家庭科の時間で調理実習をやったり
田植えや野菜作りを体験する農業体験の時間もありました。

にもかかわらず現代人の食べ物への感覚は
年を追うごとに鈍くなってきている気がします。

これはもはや「食育」などという
小手先の教育を施したところで
解決できないところまで来ているのではないかと思います。

自然に触れる時間が絶対的に足りていない。

そのような環境に身を置いていないことが
根本的な原因だと思います。

個人的には都会の子供と
田舎の子供で1年ぐらい学習環境を取り替えても
良いのではないかと思う。

それぐらいやらないと
食べ物や自然に対する感覚を取り戻すのは難しいんじゃないかなぁ
と思うほど、地域間の環境の格差が激しいのが現状である。

この問題は根が深いので次回ももう少し考えてみようと思います。






2007/06/21 (Thu) 23:45
SO WHAT??? vol.9  -getting married manoro!-

「綾ちゃんは結婚したいと思わないの?」
って聞かれたので、
「結婚すると、何かいいことあるの?」
って答えたら、絶句された♪

なぜか、昨日は違う人(女の子)に2回も同じ質問された。
アレ?そんな季節???


しかし、みんな同じ反応でうける~
いや~、うけてちゃいけないのかもしれない。。。
だって2人とも真面目な顔してるし。


どうやら2人は結婚したいらしいよ、
しかも今、付き合ってる人と。

ほ~、なぜ???

「ずっと、その人と一緒にいたいし。楽だから♪」
んでもって、
「これ以上、好きになれる人は現れない!」
なんて言い切ってるよ!!!


アンビリーバボー
世界は広いぜ!ベイベ
なんで、そんな風に決められるの~
人生、早まってない???


いや、正直、羨ましいっスよ。
そんな風に思えるなんて、スバラシイわYo!


でもさぁ~、一緒にいたいなら同棲すればいいじゃない?
なんで、わざわざ結婚するの???

余計な足かせ(失礼)作って、安心したいの?
って思う私は意地悪かもしれない。


それでも、プライベートなのに、
契約してまで誰かの自由を奪うなんて…。

とても出来ないし、されたらキレる!
それとも、本当に好きだったら、
束縛されたり・したりしたくなるもんなのかな?
そこに、幸せとか喜びを見出せるもんなのかな?


う~ん、理解不能。
結婚って打算のニオイがするから、
どうしても、したいとは思えない。

でも、結婚したいと思うのが、女の子の可愛げなんだろうなぁ…

みんな、よく「したい、したい。」言ってるしなぁ。
「好きな人のために生きていく♪」みたいな。


やっぱ、わかんない~(笑)

だって人より自分が大事なんだもん!
いつだって、自由気ままにいたいし、
だから、自分にとって嫌なことは、人にも強要できないよ!
(「綾ちゃんは、オジサンより自分が好きなんでしょ!」
  って言われて、笑えた~。まさに、そうです。
  でも、オジサンも好きよ★)


まぁ、どうせ結婚するなら、モノとしたい♪
打算もなにもないしね☆

時計も洋服も指輪もいいけど、やっぱ靴かな。
明るい人生歩けるような、夢のある靴がいいね~☆

2007/06/20 (Wed) 23:05
【適当学(水):第9回】100万人のキャンドルナイトと1人1人のキャンドルホルダー

stoneです。


建築家ル・コルビュジエは、人体の寸法に合わせて調和した寸法の範囲として、独自に生み出した基準寸法の数列であるモデュロールを、普遍的な尺度であるとし、機械や建築物などの無機物に応用することで、メートル法などの登場で失われた身体性を取り戻すべき、革命的な出来事であるとの旨を述べています。

そして、今、我々は、物体の長さだけでなく、自然の長さすらも忘れてしまいがちになっているように感じます。


この6月22日(金)は何の日でしょうか?

ドコの国の話でもなく、ドコの国の話でもある。北半球では、地球の灯が一番長く、夜の闇が一番短い日、南半球ではまたその逆の日になります。

そう、つまり、夏至ですね。


この日、日本では5年前からあるイベントが開催されています。



でんきを消して、スローな夜を。

100万人のキャンドルナイトです。

この日、日本中で、でんきの光が消され、身体的でやさしい灯かりのキャンドルが燈されます。


Candle JUNEさんは、「平和の火」を燈します。

candle_bukowski


他にも関連して話したいコトは沢山あるのですが、今回の適当学は、難しい部分には触れません。それはまたの機会に回し、自分だけのスローなペースで、みなさんに、「100万人のキャンドルナイト」をただ伝えたく思います。

何をしなければならない訳じゃない、立ち止まって、キャンドルの灯かりを見ながら、原始の想いに還ってみる。

1つじゃない、1つ1つのキャンドルホルダーは想いをつなげます。


日々、何かを感じるコトで生きている我々人間は、機械化されたプログラムではなく、身体性を持った適当なペースで自然を感じながら暮らせるように、これからも適当学を考えていきたいと思います。


灯かりは想いをつなげます。

そして、奇跡を呼びます。


大停電の夜に スペシャル・エディション (初回限定生産) 大停電の夜に スペシャル・エディション (初回限定生産)
豊川悦司 (2006/05/12)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る



<今週の1枚:平和の灯を燈すため、君の心に…>

my_candle_holder

2007/06/19 (Tue) 23:01
コラム - 投資の意義Ⅰ

国内の株式、債券に関して書き終えたので、このあたりで投資の意義を考えてみたいと思います。

みなさんの多くが、お金を出資することにより利益を得る。
という一連の流れを投資と考えています。

我々にとって、最大の関心事は自分のお金を増やすことですから、これは間違いないのですが、この考えでは一部しか見ていません。

たとえば、投資を行うにあたって、用意するのは10年程度使わないお金だったとしましょう。

そのお金で債券を買ったとします。

そうすると、そのお金を使って、経済活動が行われます。国債であれば、社会資本の整理に使われたりします。
そして、そのお金を感謝の念をこめて、色をつけて返してくれるのです。

株式だと、少々わかりづらいかと思いますが、

株式は、そもそもが会社の所有権ですから、
会社の所有権を悪徳な投資ファンドではなく、安定株主として所有するのであれば、会社としても、長期的な成長のために、積極的な投資を行うことが出来ます。

つまり、
投資を行うというのは、民間版の景気対策を行うようなものなのです。

お金を投資に振り分けるだけで、経済貢献を行っているのと同じです。


とても優秀な投資家のなかには、多額の寄付を行う人が数多くいます。
形は違っても、社会貢献を行っているということです。

2007/06/18 (Mon) 21:30
ネット広告について

こんにちは、ムービーとビジネスの時間です。この時間はケーシがお送りいたします。
6月も半分過ぎ、そろそろ本格的に夏が始まろうとしていますね。青葉山の緑もだんだんと濃い色に染まってきました。紫外線も強くなってきたので、日焼けには気をつけましょう(笑)

さてさて、本題です。
前回は企業の販促戦略においてWEBサイトが重要視される理由をお話しました。
WEBサイトの持つ強みは、他のメディアに比べ読者に対しより多くの情報を提供できること、それから、情報を得てから購入するという流れが非常にスムーズにできることでした。この二点が主な理由となってWEBサイトが注目されているのでした。

また、最後の方でネット広告のことについても少しお話しました。
ネット広告というのは、商品やサービスの宣伝を、掲載料を支払ってインターネット上に露出させるデータのことでしたね。

今回は、ネット広告についてもう少しお話します。

みなさんはyahooやgoogleなどの検索エンジンにキーワードを入力して検索した時、“スポンサーリンク”と書かれたエリアが出現することがあるのを知っていますか?
見たことがないという人は、試しに“ブログ”と入力して検索してみてください。
一番上に赤か青で囲まれたエリアが出現するはずです。

もうお分かりだと思いますが、これは紛れもなくネット広告です。
広告主がyahooやgoogleにお金を払って、広告主のサイトへのリンクを検索結果の一番上や右側に表示させてもらっているのです。

これは検索連動型広告と呼ばれ、みなさんが入力したキーワードにマッチした広告を流すシステムです。

例えばみなさんが“ブログ”の情報が欲しかったとしますね。すると当然、検索エンジンにブログと入力してその情報を探すでしょう。すると、検索エンジンはそのキーワードを読み取り、検索結果の一番上にはお茶畑からレポートするブログや、バレンタイン監督のブログを表示します。そして、みなさんを広告主のサイトへと誘導するのです。

もしあなたがそのサイトをクリックしたらどうなるか?
あなたがクリックした瞬間、広告主はyahooやgoogleにお金を支払うことになります。その額は1クリックあたり十数円のこともあれば、なんと数千円に上ることもあります。

たったの1クリックで数千円ものお金がyahooやgoogleに入ってくるというのは驚きですよね。
実はこれこそがyahooやgoogleを一大企業にさせた収益源なのです。
実感はないかもしれませんが、この検索エンジン連動型広告の発明は、インターネットの歴史の中では大革命とされているのです。

以上、ネット広告の代表例として検索連動型広告を見てきましたが、ネット広告の種類はこの他にもいくつかあります。全て紹介するときりがなくなるので、また今度にしましょう。

それでは、また来週。

2007/06/17 (Sun) 18:17
芸術的なFK

こんばんは。

nobeがお送りします。

サッカーにはいくつもの得点パターンがあります。

その中でも一際輝きを放つプレー。

そう


それは


FK(フリーキック)



FKには2種類あるんです。
直接FKと間接FK。

直接の場合はゴールにボールが入ればそのままゴールとなります。
間接の場合はゴールに入る前にキッカー以外の選手を介さないといけません。

直接FK。
いまだ名手といえばやはり「ベッカム」でしょう。
イングランドのMFです。
彼のボールは速く曲がるんです。

ボールは球速を速くしようとするとあまり曲がりません。
かといって曲げようとするとどうしても球速が落ちる。
球速が速いと曲がらず単調な軌道を描くためGKにとられやすい。
球速が遅いといくら曲がってもGKにとられやすい。

ところがベッカムはどちらもかなり高い質なんです。


個人的にはベッカムのFKが一番キレイですね。



ちなみに右はベッカム。左ならロベカルことロベルト・カルロス。
悪魔の左足と言われた伝説のFKは衝撃です。
コレ

ぱっと見はたいしたことないように思えますよね?
いえいえ。

アウトサイド、という足の外側で蹴り出してアウト回転(ex.左足で蹴って右から左へ曲げる回転)はプロでも難しいといわれています。

僕なんかが蹴ったらあさっての方向へ飛んでいきます(笑)


日本人なら中村俊輔でしょうか?

個人的にはガンバ大阪の日本代表、遠藤のFKが好きです。
彼のFKもきれいなんですよね。
ふわ~っとゴールに吸い込まれるFKはもはや芸術。



FKはただその正確性だけが全てではないのです。
キッカーとGKの心理戦も重要。

壁がある場合は壁のどちらから蹴るのか?
ゴールは右隅か?左隅か?
右足で蹴るのか?左足で蹴るのか?

様々な「読み合い」。

静かな戦い。


FKという芸術が生まれるには駆け引きがあるんです。
その駆け引きに吸い込まれ、ボールもゴールへ・・・。


FKは奥が深い。それは芸術に似ているから、なのかもしれません。

2007/06/16 (Sat) 01:03

どーもマッキーさんです。

今日は食べるを考えるをお休みさせていただいて

代わりにイベント告知をやります。

既にstoneさんが告知しましたが念のためもう一度やらせてください。

以下詳細です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

アジアのブンカ祭 「リトル・アジア」
日時:6月16日(土)、17日(日) 10:00-17:00 (※荒天中止)
場所:定禅寺通りウッドデッキ

 はじめまして、「リトルアジア」です。

 「リトルアジア」って何?
何となく近そうで遠い、アジアを感じてもらう空間を作れないだろうか?
そんな想いから、私たちは、定禅寺通りの真ん中に小さなアジア⇒リトルアジアを期間限定でオープンします。

今回の催し物として、
おいしいが薫る本格タイ料理のお店や、みんなに見せたい素敵な雑貨のお店
そして、その他、踊りや演奏(具体的なのあれば任せた)もたっぷりご用意してます。

凄く手作りだけど、全部、ホンカク派。ホントのアジア、少しだけ見せたいなって思います。

みんなで一緒に賑やかに、ブンカ祭みたいなイベントを目指してます。どうぞお気軽に足を運んでみてください。心からお待ちしています。

クマさんなんかもお待ちしてます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

天気の良い午後の昼下がり。

アジアンな気分に浸ってみませんか?




2007/06/14 (Thu) 23:20
SO WHAT??? vol.8 between the femme fatale

嬲るってぇ字は、
女男女で、女で挟んで書きたいよな。。。

そんなこと考えちゃうM印な、ア・ナ・タ♪

ちょっとばかし若いけど、
こんな女子(おなご)はどうですかえ?
(って私はやり手ババァかよ!)


$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$


ずるくて、
かわいくて、
色っぽくて、

何よりも自分が大好き。
いつでも一番、自分がかわいい。

自分を担保にしたら、
なんでも手に入りそうだった。

気位の高さは、誰にも負けない。

でも、そんな傲慢さと生意気さが
どうにも、魅力的。

だから、いい気になって、
ますます強気に出た。

背中合わせの慢心。

しかも、
彼女は若すぎた。

圧倒的に経験が足りなかった。
そして、信じてた。


ついたつもりが、
つかせられ、

後ろ手をつかせたものが、
頬杖をつかせ、
溜息をつかせ、

そして、悪態をつかせ、

最後には、膝をつかせた。


受身にはならない、つもりだった。
いつだって、狩るのは彼女だったから。

でも、もう遅い。
はまってるもん。

もう戻れない。


こんな女の子(あえて、女の子で)がよく似合うのは、
チャン・ツィイーでしょ、やっぱり。

と思うのは、
映画「女帝 エンペラー」を見たから。

あの小生意気な目がまたいいんだよねぇ~
値踏みするような、誘うような…。
そして、最後はすがるような。

いけない。
なんか私、目線がオジサンだわ♪

まぁ、オジサン節で言わせていただくなら、
チャン・ツィイーは「2046」が最高!

「売り物じゃないのよ。」とか言いつつ、
会った証に、10ドル札を貯めるところとかさ。
(「僕への平手打ちが、
 君へのクリスマスプレゼントだ。」
 とか言ってるトニー・レオンもいいんだけど☆)

チャン・ツィイーの若さと気の強さが
良く出てるなぁと思う。


ポンニチガールなら、
性格悪そうな沢尻エリカに期待だね♪


$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$


PS
今日の女子(おなご)はちょっとばかし若すぎたかしらん。
ほら、私もピチピチ&若いし?
仕方ないよね~

2007/06/13 (Wed) 23:47
【適当学(水):第8回】アジアの純真

サワディカッ、stoneです。

おかげさまで、 googleで「適当学」と検索すると、このblog.がTOPに上がるようになりました。

さて、突然、ふと思ったのですが、適当学を極めると、何だかアジアに流れる人が多いような気がします。インドとか、そっち方面にのめり込む人なんか特に多いですよね。知人でも、服飾~飲食まで、何やら独創的にやってる方やら、永遠のフリーター’ズ クリエーターなど、考えずとも思い浮かべます。その他、アジア雑貨屋さんとかも、大抵、適当学の権威である場合が多いです。

少し、理由というか、その意味合いを考えてみたのですが、「猥雑」と「快楽」に、そのヒントが隠されているのではないか、という思いに行き着きました。

考えてみれば、現代においてインドなどのエスニックなアジア諸国を一躍、世界中の文化に取り込んだのは、恐らく、Beatlesを始めとするサイケデリックムーブメントではないでしょうか?そういった、drugによるtripに象徴される色彩を、体現していたのが、つまりは、アジアの色彩なのではないかと思います。また、それを際立たせるように、欧米のパフュームのような人工的な香りとは一線を画す、独特の芳しくエスニックな香りが街に充満し、媚薬のごとく感ぜられるコトでしょう。

また、ここ日本では、当時、横尾忠則氏や細野晴臣氏がインドをテーマにしていますね。

COCHIN MOON (コチンの月) COCHIN MOON (コチンの月)
細野晴臣 (2005/03/24)
キングレコード

この商品の詳細を見る


そして、更に、欧米のキリスト教の戒律的な世界とは異なり、様々な文化に根ざした特色のある神による秘儀が魅力的なのではないでしょうか。というのも、キリスト教は、そもそも、マリアの処女性によるように、性は権威的なモノではありえません。ところが、アジアの中には、性、つまりSEXそのモノが、崇拝されるコトがしばしばあります。寺院などには、絡み合った男女のレリーフが怏々と刻まれている場合もあると聞きます。よく、教科書などの写真が、必ず遠めに映されているのはそのためだそうです。インドのカーマ・スートラなどの愛の経典は映画でも有名ですね。

そう考えると、サイケデリックムーヴメント~フラワームーヴメントに至る思想の源流が見えてくる気がします。Flower Childrenはまさにアジアのコですね。ほら、お釈迦様の誕生日は花祭りじゃないですか。


天使が舞い、精霊が誘う、キレイな世界。神の名の下に、自然を支配するコトで、既に破綻をきたしている欧米的な近代合理主義。それに比べ、神様だって、欲望があって、SEXもするんだぜ、と、ハレもケガレも全て内包し、本当の意味の精神の自由を、自然と同化して生きる。適当学では、そんなアジア的な生き方も、大事にしていきたいと思いますね。


というような風に、とりとめもなく考えてみました。何はともあれ、適当学としては、アジアが熱い。


それでは最後に、今週末のイベントのご紹介です。

 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

アジアのブンカ祭 「リトル・アジア」
日時:6月16日(土)、17日(日) 10:00-17:00 (※荒天中止)
場所:定禅寺通りウッドデッキ

 はじめまして、「リトルアジア」です。

 「リトルアジア」って何?
何となく近そうで遠い、アジアを感じてもらう空間を作れないだろうか?
そんな想いから、私たちは、定禅寺通りの真ん中に小さなアジア⇒リトルアジアを期間限定でオープンします。

今回の催し物として、
おいしいが薫る本格タイ料理のお店や、みんなに見せたい素敵な雑貨のお店
そして、その他、踊りや演奏(具体的なのあれば任せた)もたっぷりご用意してます。

凄く手作りだけど、全部、ホンカク派。ホントのアジア、少しだけ見せたいなって思います。

みんなで一緒に賑やかに、ブンカ祭みたいなイベントを目指してます。どうぞお気軽に足を運んでみてください。心からお待ちしています。

クマさんなんかもお待ちしてます。

jbear


WEB site、未完、蜜柑

 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


それにしても、ココ、日本は、アジアと欧米の二つの文化を受け入れるコトの出来る適当な国ですね。素敵です。


<今週の1枚:Little Asiaへのいざない>

la_kanban

2007/06/12 (Tue) 23:57
国内債券

どうもyosiです。

本日より、国内の債券について考えましょう。

結論、国債。以上。



・・・・だけで十分です。
国債以外の債券は流動性(途中で換金するとか)が極端に悪いものが多く、また、複雑な仕組み債(大抵の場合、知識の無い個人にのみ売りつけられる不利な債券)等に手を出してはいけません。

これは、多くのエコノミストが言っていることです。


さて、国債を買うとなると、個人向け国債ですが、
固定金利のものと、
変動金利のものがあります。

これに対する解も簡単で、
発行時の金利水準が高ければ、固定金利。
低ければ、将来上がることを見越して、変動金利。


と言ったところでしょうか。


国内債券の特徴は、元本保証であることと、利回りが低いことです。
ただ、うまく使えると、防波堤の役割をしてくれます。

2007/06/12 (Tue) 01:43
拠点としてのWEBサイト

こんにちは、ムービーとビジネスの時間がやってまいりました。この時間はケーシがお送りします。

ようやく仙台も夏っぽくなってきました。これからもっと暑くなると思いますが、頑張っていきましょう。

さてさて、前回の内容を覚えていらっしゃるでしょうか。前回は“クロスメディア論”の続きとして、いろいろな“クロスメディア”の例を見ていきました。そしてそこから、企業にとってWEBが販促戦略の重要な位置を占めていそうだという結論を導き出しました。

そこで、今回はなぜWEBが広告メディアの重要な位置を占めるようになったかをお話します。

唐突ですが、みなさんは商品やサービスの情報を集めるためにWEBサイトを使ったことがありますか?まおそらく、多くの人が使ったことがあると思います。さらに、WEBサイト上で商品を買ったことがある人も、少なからずいるのではないでしょうか。

WEBサイトは、テレビCMや新聞広告とは違い、時間やスペースに制約がないので。商品やサービスの情報を読者にしっかり提示することができます。そのため、商品やサービスの信頼性が高まり、購入につながりやすくなるのです。

さらに、WEBサイトはその場で資料請求や購入手続きを行うことができるため、WEBサイトの読者は、情報を得てから購入するという流れを非常にスムーズに行うことができます。

以上の二つがWEBが広告メディアとして注目される主な理由です。

また、WEBでは広告主の商品やサービスを自身のサイトでアピールするだけではなく、別のサイトにアピールしてもらうこともできます。いわゆるネット広告です。
これらは、他のサイトから広告主のサイトに誘導しているので、認知度を高めて誘導するという点で、テレビCMや新聞広告と同じ効果を果たしています。

さて、前々回から今回まで“クロスメディア”をキーワードに、商品の認知から購入までの流れを一通りお話してきました。そこで、まとめとしてそれらを図にしておいたので、見てみてください。

図1


次回はネット広告について少し見ていきたいと思います。では、また来週。

あ、関係ないですが、ちょっと凄い動画を見つけたので見てください。
加工前と加工後を見比べるとCGのありがたさがわかります(笑)

加工前


加工後


2007/06/10 (Sun) 16:38
サッカー好きか?

どうも。

こんにちは。nobeです。
雨でイヤになってしまいますね~。

さてさて。
タイトルですが。

某サッカー漫画の有名な台詞ですね。
実家へプチ帰省してついつい読んでしまう(笑)

そこで漫画の登場人物から問われた台詞に「はっ」としました。そんな事から今日は僕がサッカーが好きな理由と面白さについてちょこっと語らせてもらうかと思います。



そもそも、サッカーって手を使ってはいけませんよね(GKは別。)
そこが実はサッカーを面白くしている点だと思うんです。

手は使えないから足・胸・頭などなど。あらゆる他の身体を使ってプレーする。

制限があるからこそ、そこから生み出されるプレーの数々は素晴らしいものに見える。感動する。そんなところでしょうか。



加えて。
サッカーはほかのスポーツと違ってコミュニケーションがとりづらい。
一旦ピッチにたてば後は攻守が目まぐるしく変わります。

そんな中で「言葉」ではなく、「目・目線」=「アイコンタクト」だけで(勿論声も入りはしますが・・・)あの華麗なプレーは生まれる。

目と目が合って、
「裏のスペースへ走るよ」とFWが言い、
「裏のスペースへパスするよ」とMFが言い。

2人の目線がカチッとはまった次の瞬間。
見事なスルーパスから得点が生まれる。

本当に小さな小さな奇跡。


これがあるからサッカーって面白いんじゃないかな、と。
人生もそうでしょ?
コミニュケーションが上手くとれてお互いの気持ちが通じ合った瞬間は心の底から「やったあー」って思っちゃう。

制限から生まれる創意工夫。
小さな奇跡。

この2つがサッカーが好きな理由ですね。

みなさんは自分の好きなスポーツのどこが好きですか??どこに魅かれるのですか??

そんな事をちょこっと考えるとますますサッカーが、スポーツが好きになる。そんな自分も好きになれると思う。



みなさんはサッカー好きですか?

2007/06/09 (Sat) 23:56
今週のおススメ

どうも土曜日担当のサクラダ、改めましてradaです。
radaって、普段友達に呼ばれているあだ名です。
因みに。

さて今週もおススメのものを紹介していきます。
(以下、本編です)







**************************************************


「スピッツは独り身にやさしいが、ミスチルはそうではない」
作家・豊島ミホさんがブログで語っていた印象的な一言。

確かに!!!
と思わずパソコンの前で、ひとりうなってしまいました。

あくまで私個人の
勝手なイメージですが、

スピッツの歌詞には
優柔不断で冴えない
いかにもモテなさそうな男子が描かれていて、
一方、
ミスチルの歌詞に描かれている人物像は、
何でもそこそこ出来て、割とモテちゃう人。

そんな気がします。独り身が共感するのは無論スピッツですよね。


という訳で今週のテーマは
「独り身にやさしい音楽」
(かなり痛いテーマですが笑)

今週もCDを三枚紹介します。

ハヤブサ


ハヤブサ/スピッツ
2000年に発表されたスピッツの9thアルバム。ロック色の濃い作品になっています。大ヒット曲は収録されていませんが、佳曲揃いでアルバム全体を通じ聴ける仕上がりになっています。

delayed


delayed/Syrup 16g
Syrup 16g基本的に歌詞がやたら重苦しいので好き嫌いが分かれそうですが(かくいう私も以前は嫌いでした)、一度ハマったら病み付きになる中毒性があります。Grapevineなどの日本語ロックが好きな方なら気に入るのでは。

weezer


Weezer(The Blue Album)/Weezer
青の背景に頼りなさげに佇む、4人の冴えないルックスの男達。このジャケットだけで、彼らが独り身にやさしいのは明白です。(なぜかこれだけサイズがでかくなってしまった笑)

二週連続でCDを紹介したので、
来週はCD以外のものを紹介したいと思います。


あと余談ですが、豊島ミホさんの小説「檸檬のころ」面白いです。是非読んでみてください。

2007/06/09 (Sat) 04:32
食べるを考える その4

こんばんわ。マッキーさんです。
前回はイベント告知で終わってしまいましたが
今回は本筋に戻って食べ物について考えたいと思います。

今日のテーマは「食料自給率」についてです。

 現在日本は約6割の食料を輸入に頼るという、世界でも類を見ない
食糧輸入国です。
戦後の日本は食糧生産にはあまり力を入れず高く売れる工業製品を作って外国に輸出し、儲けたお金で安い農作物を輸入するというモデルで現在の繁栄を築いてきました。
ところがこのモデルが危うくなる事態が起こり始めているのです。
 その原因となっているのが世界中で大問題となっている地球温暖化です。
温暖化による気候の変化が農作物の生育を脅かしているという現象が
世界の至る所で見られるようになりました。
特にアフリカでの被害は深刻で、食料を巡って内戦まで起こるという状況になっています。
 また地球温暖化対策の救世主として最近にわかに注目を集めているバイオエタノール。
このバイオエタノールの主な原料はトウモロコシや大豆などの穀物です。
バイオエタノールの需要はうなぎのぼりに増えています。
そのためトウモロコシの値段が去年と比べて約1,5倍以上の値上がりを見せています。
アメリカやブラジルではオレンジなど他の作物からトウモロコシへの転作が加速したり、それによって農作物の価格が上昇するという影響が出ています。
トウモロコシなどの穀物は家畜の飼料としても使われるため
エサ代の値上がりが肉や卵の値段を吊り上げるという懸念も出てきました。
 世界的な視野に立てば食糧危機はもう目前に迫っています。
近い将来食料の価格が今では考えられないくらいの上昇をみせる。
そうなるとそのシワ寄せは家庭の食卓にいくことになります。
100%オレンジジュースや牛乳は高級品になり
果汁0%のオレンジジュースやカルシウムをサプリメントで
取ることになるかもしれません。
 安全性の問題もありますが、食料自給率が低いというリスクは
温暖化という状況を加味すると飛躍的に増大してしまうのです。
工業製品の輸出も中国や韓国との競争が激化しているため
現在のような利益をあげることは難しくなっていきます。
食料が高騰すれば貿易収支が赤字に転落する可能性だってあるのです。
そろそろ国の食料政策を見直す時期が近づいているのかも知れません。


以上独断と偏見にまみれた食料自給率の考察を終わります。









2007/06/07 (Thu) 21:35
SO WHAT??? vol.7 I can believe the fairy tale.

今日はクラシックなお楽しみ。
プラネタリウムのお話…


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


onece up on a time…

ひとが生まれたばっかりで、
世界には、太陽と空と土と空気しかなかったころ。

もちろん、空には星もなくって、
真っ暗な闇の中、
怖くて、寂しくて、
ひとびとは夜に飲み込まれないように、
互いに寄り添って、朝を待っていました。

いつも、夜を恐れていた、
そんな時代。

ある時、
勇気ある4人の若者が、
空に昇って、自分の命を光に変えました。

みんなが夜でも怖くないように。
みんなのことを照らせるように。

それが、星のはじまり。

それから、
ひとは死ぬと、その魂は、
空に上って、星になるようになりました。

今も、こうして、
私たちを空から照らしてくれているのです…。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


って、しょっぱなから芸風変わっちゃってる私は何者?

1日でプラネタリウムに染まって、
ついにギリギリの一線を越えたのかっ???

って、ご心配は、ご無用。

だって、私は今でも、
マイ・リアル・ライフを生きてるんだもん♪


でもさ、
プラネタリウムって、
おとぎ話さえも信じられる場所だよね~

現実では絶対に見られない、
たくさんの星に囲まれて、そう思った。

嘘も本当になるような、
夢が叶いそうな、
手が届きそうな…

never never never land、っていうか。

だから、
いつもはピーピーうるさいこどもも、
あんなに静かに、でも興奮できるのかな?

うらやましいなぁ。。。
って素直に思った。

こどもを卒業してしまったら、そんなふうには思えないから。

プラネタリウムは暗闇の中に、
くっきりと現実を浮かび上がらせる残酷さを持ってる。

だって、こんな満天の星空、
もう、どこでも見られない。

だいたい、
星を見上げるなんて、
普通、しないじゃない?

そんな余裕も思いもないのかな?

人生にneverなんて、ない。


それでも、
こどもをとうに卒業したひとたち(大人のなりぞこない?)でも、
十分に楽しめる空間がそこにはあった。

だって、上映終わっても、離れがたかったもん。
(これって、飲んでるときに夜を引き伸ばそうとする、
 あの感じにすごく似てる。
 スレた大人の、けなげながんばり、笑)

少しだけトリップできた。

こういうのも、悪くない。
信じるのも、夢を見るのも、悪くない。
never landの住人になるのも、ね。

だってさぁ、
サバイバルな現実社会で、
気ぃばっかり張ってたら、
つまんないじゃない?

そんなガサガサな砂漠地帯には、
咲くものも咲かないね。
喉、渇いちゃうよ~
ってか、水がなかったら生きられない。

いつでも、
ちょっとの余裕と夢見が、
視界を広くしてくれる。

They're just fraver of life.

夢と、現実。
星降る夜と、四角い夜空。

甘くて、苦い。
大人になって、楽しめる
アフターエイト(チョコレートの方ね☆)

プラネタリウムってそんな存在かな?


それでも、
私はうそっこのアカデミックでロマンチックな星空より、
ジャンクで嘘っぽくて、どうしもなく光ってる夜景が好き。

水面に映ったそれを、
お酒の酔いとタバコの煙と人いきれで、
ゆらゆら、うらふら、揺れながら眺めていたい★

その方が、気が楽だ。

なんか、プラネタリウムの星って触れないし。
でも、ネオンだったら届きそう。

ごまかしきくけど、触れるものが、気分♪
やっぱ、「夜になる前に…」は苦手。。。


余談なんだけど、
今日行ったプラネタリウムは、本当にクラシック。
(仙台市天文台なんだけど)

施設も機会も、雰囲気も、
お客さんや係りの人も、化石みたい。
(干物とか言わない私って、本当に、や・さ・し・い♪)

でも、好き。

サンシャインのプラネタリウムは、
ショーアップされて、エンタメあふれる、
「キューティーハニー」Byこうだくみ、なら、

今日のそれは、
正統で、懐かしいけど、恥ずかしい
「マイ・ウェイ」Byシナトラ、みたい。
(こんなこと言う私も、相当、クラシックな人間だな。)

どっちも、
それぞれ良かった~☆


あとは、TPOとas you likeで、
たまにはクラシックな時間の使い方をしてください♪

2007/06/06 (Wed) 12:34
【適当学(水):第7回】アペリティフの日

どうもボンジュール。stoneです。もう今年も早いモノで6月になりました。そろそろ折り返し地点が目前ですね…私にとっては、Birthday Monthでもあります…(激汗)

さて、明日は、6月の第1週木曜日です。一体、何の日でしょうか?おわかりになりますか?

そう、少しフレンチにお詳しい方ですと、ご存知の方も多いと思いますが、「アペリティフの日」なんですね。

そもそも、「アペリティフ」とは「食前酒」の意味で、それが転じて、食事の前のひと時を、大切な仲間と楽しもう、というフランス発のイベントです。まさに、食とライフスタイルが密接に結びつく、フランスらしい発想ですね。

それが、今年は6月7日。世界中で美味しい催しが沢山、執り行われます。

ちなみに、六本木ヒルズでは、食のトップが集まる年に一度の盛大な催しがなされるようです。もう、チケットなんかも完売してしまったそうですよー。

このように日本だと、どうしてもセレブ向けの趣向になっている感もありますが、本来は、老若男女問わず、いつもとはちょっと違う気分で、キラキラ、誰もが楽しめる時間にしていきたいモノです。

フランスなど南欧の方では、何よりも大切な食生活の中に、その場の雰囲気を楽しむコトまでが含まれるように感じます。近頃は、「LOHAS」や「スローフード」と相まって、そういったライフスタイルが日本でも提唱されてきていますが、ヨーロッパの方では、当たり前の感覚なんだと思います。お金ではなく、気持ちの上で心地良い暮らしの余裕が大切ですね。「ファーストフード」に侵食された日本は、落ち着きを獲得する必要があるようにつくづく思います。適当学の目指すところは、まさにそういったところです。

と、偉そうなコトを言ってますが、月曜のチーズのお教室でその日の存在を教えていただきました…。


さてさて、7日(木)の「アペリティフの日」ですが、今、私が住む仙台では、なかなかそういったイベントが表立ってきません。そこで今回は特別に「アペリティフの日」を十二分に楽しむコトのできるお店をご紹介しておきます。私も日頃からお世話になっているお店なので、手前味噌というよりは、絶大な信頼の元、オススメいたします(笑)

「Fromagerie&café Au Bons Ferments-チーズショップ&カフェ オーボンフェルマン-」

18:00-24:00まで、
お一人さま ¥1,380で前菜盛合せ&食前酒が楽しめる、
とのコト
MAP

区役所の真裏、赤い庇が目印です。


天気が良いとイイですね。


<今週の1枚:ツナガルオハナミ food by ABF>
お花見で特注したチーズ盛り合わせです。参考までに。

ohanamiset_abf

2007/06/05 (Tue) 23:22
アクティブ運用 - 国内株式Ⅲ

本日より、掲載曜日が変わりました。
名前も「わくわく投資講座」と題しまして、火曜の夜がわくわく出来るように頑張りたいと思います。

本日は、アクティブ運用をより実践的に考え、アクティブ運用のファンドを取り上げて考えたいと思います。

前々回のおさらい。
アクティブ運用とは、”積極的な運用”という意味で、指標を乖離する運用成績を目指します。
例えば、日経平均やTOPIXよりも良い成果を上げようとしたりします。

平均より上回ると言うことは、なかなか難しく、実際にはアクティブ運用でパッシブ運用の成績を上回ったファンドは20%程度しかありません。

しかし、アクティブ運用でも、運用成績がよいファンドがあります。
それは、バリュー株運用という方式を取っているファンドです。

ということでした。

アクティブ運用の場合、成績はファンドマネージャー(責任者)の能力や、ファンド自体の投資哲学に大きく依存します。
が、実際にそれを精査するのはなかなか難しいものです。

・・・・、じゃあ、インデックスファンドでいいんじゃねぇ?
その通り!

ただ、それでは芸がありません。
過去のデータを見てみると、バリュー株運用をすると、平均を乖離する可能性が高くなります。

ここで、バリュー株運用を簡単に解説しますと・・・・、
その株が割安になったときに買い、
適正価格になったときに売る。ということです。

すこし砕けた言い方をすると、
バーゲンセール(往々にして暴落時のときに買い、
いいカンジになったら売る。
ということです。

暴落時は、多くの投資家がまともな精神状態ではないですから、そこを上手く突けば、良い運用が出来るということです。

つまり、
アクティブファンドは哲学!!!ただし、バリュー株運用有利。
と、いうことになります。

※日本の投資信託は歴史が浅い上、複雑な商慣例によって良いファンドが出てくる土壌に無いような気がします。
外国株式はまだしも、日本株式の運用は、インデックス運用が良いと思っています。

<オススメファンド>
さわかみファンド (さわかみ投信)
さわかみファンドのTOPIXとの比較
割安株・長期投資を掲げる、カリスマファンドマネージャー澤上篤人さんが創設したファンドです。
投資哲学は大変素晴らしいのですが、最近の成績は、TOPIXにほとんど連動していることがわかりますね。

信託報酬は1.05%で、アクティブファンドとしては最低水準となってます。


日本株バリューインベストメントパック (日興アセットマネジメント)
日本株バリューインベストメントパックのTOPIXとの比較
TOPIXに近い銘柄構成ですが、そのなかでも比較的割安な銘柄を組み入れているようです。

どこの証券会社でも、現在のところノーロードです。
信託報酬は1.0584%で、アクティブファンドとしては最低水準となってます。

2007/06/05 (Tue) 02:36
続・クロスメディア

こんにちは、月曜日担当のケーシです。早いものでこのブログも今日で7回目。最近ようやく1日あたりのアクセス数が150人を超えました。これも読者のみなさまのおかげですm(_ _)m

さてさて本題です。先週は企業の広告戦略についてお話ししました。その中で、より広告効果を発揮する広告手法として、テレビCMからWEBにつなげるモデルを紹介しました。例の「ライフカード」のCMですね。

そして、「ライフカード」のCMのように、WEBのコンテンツとマスメディアのコンテンツなどをシームレスにつなぎ合わせることを「クロスメディア」と呼び、今後このような広告モデルが増えてくるだろうということを述べました。

では今日は、いくつか例を見てみましょう。

まず、テレビCMとWEBをクロスさせた例。これは先週「ライフカード」で説明しましたね。
この特徴は、テレビCMの持つ“高い広告認知度”と、WEB広告の“深い情報提供”が互いに補完しあい、効果を増大させているということでした。

せっかくなのでその例をもう一つ。今度は「MEIJI XYLISH」です。「ライフカード」ほど強烈ではないですが、一応“WEBまで引っ張る”ことをアピールしています。




次に、新聞とWEBをクロスさせた例。この例でよく紹介されているのは「スラムダンク一億冊感謝広告」です。
新聞の1面に堂々と描かれた、原作者からの「感謝の手紙」がきっかけとなり、WEBやクローズドイベントを通じてメッセージを共有するという画期的なモデルは、ファンの間に大反響を巻き起こしました。

スラムダンク

スラムダンク一億冊感謝広告

このモデルも同じように、新聞の持つ“高い広告認知度”とWEBの“深い情報提供”の合わせ技であるということがポイントです。
さらに「スラムダンク一億冊感謝広告」はブログやホームページでも盛んに取り上げられ、広告認知度をさらに高める結果となりました。

最後に取り上げるのがビラ・チラシとWEBのクロスの例。
ビラ・チラシとWEBのクロスで一番多いのは、二次元QRコードを使ってビラから携帯サイトに誘導するというパターンではないでしょうか。おそらく皆さんも一度は見たことがあると思います。長ったらしいURLを入れなくても気軽にアクセスできるというのが利点ですね。
実はこのブログのビラも、検索エンジンとQRコードの使用でブログ本体と直接つながるような仕掛けになっています。チェックしてみてください!

さて、ここまで様々なクロスメディアのモデルを大雑把に見ていきました。
この三つを見てみると、特徴として、三つともWEBが通過点になっています。

これから言えることは、“これからの広告戦略にWEBは欠かせない”ということですね。

実際、いまでは商品をWEBから購入できるような仕組みも多く、企業にとってWEBは販促戦略の重要な位置を占めています。

どうやらWEBは調べてみるとまだまだ面白いことがわかりそうです。

今日はこのへんでストップしようと思いますが、来週は、WEBに焦点を絞って販促戦略を考えていきたいと思います。では、また来週。

2007/06/03 (Sun) 16:50
やっぱり「生」でしょ!?

どうもー。
nobeです。

私が住む仙台には有名なプロスポーツチームが3つあります。

●ベガルタ仙台
いわずもがな。サッカーJ2現在2位!!のわれらがベガルタであります。仙台は北の方の泉区というところにホームスタジアムがあります。
→公式HPはコチラ

●仙台89ers(センダイエイティナイナーズ)
仙台は南の仙台市体育館というトコロにホームアリーナを構えます。
チームキャラクターが可愛いライオンだったりする。
→公式HPはコチラ

●東北楽天ゴールデンイーグルス
とそみなさん勿論ご存知。ノムさん監督。田中君もいるあの楽天です。
フルキャストスタジアム宮城がホームスタジアム。ですな。
→公式HPはコチラ

サッカー・バスケ・野球の3つのプロチームが同じ市内にある地域って結構珍しいんですよね。(埼玉も3つありますけどね)

それだけプロの試合を間近に観られる仙台って実はお得な気がします。
という事で、今日は楽天の試合を観にいった事を書いてみましょう。



えー、一昨年ですが(古くてすみません・・・)楽天の試合を初めて観にいきました。その時の席が「砂被り席」といわれる席。

どこかと言うと、キャッチャーの真後ろ。

本当に真後ろ。
正確には後ろのトコロからちょっとだけ下に窪んでいるとこがあってそこの席でした。


いやースゴカッタ。
選手が間近だし、なにより自分に向かってピッチャーの球が放たれるのはなかなか出来ない経験でしたね。
その日は楽天の逆転勝ち(山崎のHRも出ました!!)。声を張り上げ応援する楽しさ。



やっぱりスポーツは生で観るのがいいですね。
TVも全体が観れたり、解説が入るのでより分かり易いのですが。



一体感。

これは「あの場」にいないと味わえないですね。
(そこで飲む生ビールなんて最高!!)

次の週末は予定を空けて、チケットを買って。
生の試合を観戦しに行きましょう!!

2007/06/02 (Sat) 10:29
はじめまして!

今週から参加することになりました!
サクラダです。

私の回は、
週ごとに何かテーマを設けて、
それに即したものについて紹介します。

「あ、これいいね。」って思えるものを
どしどし紹介していきたいので、
どうかよろしくお願いします。

前置きはさておき、
早速本題に入ります。

今週のテーマ
「夏の夜に聴きたい音楽」

六月に突入し次第に夏の気配を感じるこの頃。
今週は、うだるような日中の炎天下から開放されて、
ひんやりとした夜風に吹かれて聴きたい
アルバムを三枚紹介します。

ローリンヒル

MTV UNPLUGGED No.2.0/Lauryn Hill

ヒップホップの女王、Lauryn Hillがギター一本で弾き語る!音楽専門チャンネルMTVの名物番組、MTV UNPLUGGEDでのShowを音源化。



In Between Dreams/Jack Johnson

サーフィンをした後の夜の海岸。仲間達と火を囲み弾き語り。そんな情景がぴったりのJack Johnsonの3rdアルバム。

くらむぼん

LOVER ALBUM/クラムボン

クラムボンが邦洋の名曲をカバー。「たまにはカバーでもやりたいな」いい意味で、そんな趣味のノリを感じさせるアルバム。

全部、某TSUTAYAのレンタルで扱っていると思われます。
この夏の夜、
ビール片手にぜひ聴いてみてください。

2007/06/02 (Sat) 03:38
食べるを考える その4  イベント告知

どもこんばんわ。マッキーさんです。

本日は食べるを考える~その4~の予定でしたが

お休みさせていただいて

あるイベントの告知をすることにします。

興味のある方はぜひぜひ参加してみると良いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         インターン開始3ヶ月目の学生が
          インターンの実情を告白!
        インターンシップ生ホンネトーク会
          (6月7日19:00~21:00)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日程 : 6月7日(木曜日)
■時間 : 19:00~21:00   
■会場 : Five Bridge(青葉区北目町4-7HSGビル3F)  
     ※中央郵便局裏。東北大学片平キャンパス隣り。
http://www.five-bridge.jp/modules/tinyd0/index.php?id=1
■対象 : 大学生・大学院生(学部・学年不問)
■参加費 : 無料
■定員:20名
■実施内容
19:00~20:10 インターンシップ生ホンネトーク会&質問会
20:10~21:00 インターン生との交流会
■申し込み方法
 http://wakatsuku.da-te.jp/e21735.htmlの中に、
 応募フォームがあるのでそれにお申し込みを。

次に、若創インターンシップセミナーのお知らせ。

このセミナーは「このインターンシップはどんな内容か」、
「このインターンシップをすれば何が得られるのか』、
『成長って何なのか』などについて、ご説明します。

★インターンシップに興味あるあなた!
★大企業で早く出世してバリバリやりたいあなた!
★なんか今の生活やバイトの内容に不満のあなた!
★起業とベンチャーに興味あるあなた!
★ビジネスのスキルを学びたいあなた!

上記のことにひとつでも当てはまる方には
是非お勧めのインターンシップです♪

過去のインターンシップ経験者の声はこんな感じです。

◆企画が認められ、1億円プロジェクトのリーダーに!
◆人材管理を習得し、人事担当者に抜擢!
◆ITの知識が0なのに、学んだ知識でオンラインショップを
 運営できるようになった!
◆新しい自分を発見!
 積極的に行動することで爆発的な成長ができた。
◆自分が考えたアイディアが形になって、
 お客様に感動してもらったことで自信がついた。

是非是非ご参加を。


============================
 ビジネスの現場で本気で取り組んで、猛スピードで成長!!
     『 若創インターンシップセミナー 』
         6月は毎週木曜日開催!!
============================
■日程 : 6月7日、14日、21日、28日(いずれも木曜日)
■時間 : 18:30~20:00
     ※7日だけホンネトーク会の前、17:00~開催
      ホンネトーク会との同時申し込み可
■会場 : Five Bridge(青葉区北目町4-7HSGビル3F)  
     ※中央郵便局裏。東北大学片平キャンパス隣り。
http://www.five-bridge.jp/modules/tinyd0/index.php?id= 
■対象 : 大学生・大学院生(学部・学年不問)
■参加費 : 無料
■実施内容
○若創インターンシップの説明
 ・『成長』するための秘訣の説明
 ・インターンシップの 実施内容の説明
○若創インターンシップ受入先企業の紹介
○個別相談会
■お申込方法:
 http://wakatsuku.da-te.jp/e21691.htmlの中に、
 応募フォームがあるのでそこから応募してください。


2007/06/01 (Fri) 23:58
【コミュニケーション】#5:キャッチセールスのお姉さんとお話してみよう~前編~

ども、ちょっとどんだけ~っていう言葉を最近聞くようになった気がする黒豚ですけども。ね。

いやぁ、あれですね、黒豚のまわりだけなのかも知れませんが、オカマのお姉さんのキャラが人気のようです。
友人の女の子たちがよくそんな話し方をするんですけども。

あんたたちがやったって仕方ないんじゃないの。オカマってのはねぇ、男でも女でもない、第三の性なのよ。なんて、酒混じりに力説したら、オカマ扱いされやがった。ちょっとどんだけ~!?

さて、これまでファシリテーションについて述べてきましたけど、前回予告したように、今回はキャッチセールスのお姉さんにつかまった時の話をしてみたいと思います。

まぁ、一対一のコミュニケーションの一例としてでも、参考にしてください。

仙台でのアーケードでよく「キャッチセールスにお気をつけください」という注意の放送を聞きますが、まさかそんなものがあるなんてって思っていました。あのお姉さんに会うまでは。

出逢ったのは忘れもしない、去年の夏。まだ、黒豚が痩せていたころ。
仙台駅前のとあるチェーン店の居酒屋の前でした。

「すみません、おしゃれな男性にアンケートしているんですが、協力してくれませんか?」
なんて、声をかけられました。かなりかわいい女性でした。

思わず笑みがこぼれます。黒豚は微笑みながら、
『あっ、キャッチでしょ!?』
間をおかずに、速攻、切り返します。この黒豚がおしゃれ!?はん、笑わせるな。個人的&独創的だとは言われはすれ、おしゃれなんて言われたことなんてない黒豚を!?この時点で、あやしいと思い、カマをかけてみることに。

「そんなことないですよ;」
至って冷静に応えますが、残念、声はうわずり、目は泳いでいます。
黒豚は人より少し敏感で、全身性感帯なものですから、人の表情の変化や行動からその人の気持ちを伺うことが得意。
なので、黒豚センサーが発動し、この人は嘘をついてますよ、と警報を鳴らしています。笑いながら口を手で隠したりしていたのですが、こういう動作は嘘をついている場合が多いです。口を隠すのは相手にやましい気持ちがあるためです。おまけに頬が映画のように引きつってましたからね、このお姉さん。

はぁ、やっぱりなぁ、なんて嘆きながら、朝まで飲んでいた黒豚は妙なテンション。いわゆるドランカーズハイ状態。帰って寝る前に、このお姉さんで少し遊んでみることにしました。

まったく酔っ払いは、これだから性質が悪い。

でも、そんな黒豚を罠にハメるとは太い野郎だぜぃ。

ってなもんで、ここで、このお姉さんと会話をする上で、さらっと以下のような目的を立ててみました。

①お姉さんにキャッチセールスだと自白させる。
②お姉さんにキャッチセールスの全貌を白状させる。

その目的達成のために、会話を進めていきます。

以下、その会話の流れ。


キャッチセールスのお姉さん(以下、キャ)「すみません、おしゃれな男性にアンケートしているんですが、協力してくれませんか?」

黒豚(以下、黒豚)『キャッチでしょ!?』

キャ「そんなことないですよ;」

黒豚『いやいや、キャッチですよ。今だって、挙動不審になりましたよ』

キャ「気のせいですよ」

黒豚『いや、私、心理学勉強していて、人の表情から嘘見抜くことできますもの。だから、私に構わない方がいいですよ』

キャ「(ちょっとイラついた感じで)嘘ついてませんよ、本当に。アンケートお願いできますか?」

黒豚「(あぁ。ここで、オレみたいなやっかいな人間に構うのやめればいいのに・・・と思いながら)わかりました、時間はかかりますか?この後予定があるので。(予定はないのですが、いざという時の逃げる口実のために釘をさしておきます)」

キャ「はい、すぐですよ。大丈夫ですよ。」

こっから、当たり障りのない、アンケートが始まります。
アンケート用紙に記入していくわけですが、以下のような項目がありました。

・名前、電話番号、メールアドレス、住所
・今日のおしゃれのポイント
・好きなファッションスタイル
・よく行くショップ
・好きな音楽アーティスト&曲
・最近ハマっていること
・最近の悩み

これらにo(´□`o)ぽんぽん!と潔く応えていきます。

・名前、電話番号、メールアドレス、住所
⇒もちろん適当です。アンケートなのに、こういう項目を聞いてくること自体あやしさ満載です。

・今日のおしゃれのポイント
⇒自然との調和。

 いやいや、この時は、ライトグリーンのキャップにグリーンのラインが入ったタンクトップ、緑っぽいカーキーのバック、パープルと茶色がが混ざったような微妙な色のコムサのサンダルだったんですよ(´・ω・`)

・好きなファッションスタイル
⇒古着。

・よく行くショップ
⇒古着屋さんの名前

・好きな音楽アーティスト&曲
⇒ジャパハリネット、クラシック、モンパチ

・最近ハマっていること
⇒アロマ

・最近の悩み
⇒自分の性格

なんて、半分本当、半分嘘八百モンゴル800な答えを書いていきます。
記入しながらも、お姉さんから振られる会話にも応えていきます。

「古着っていいですよね~」って言う、そんなお姉さんの服装は、バリッとキレイ目でした。

「ジャパハリネットっていいですよね~」って言う、お姉さんに『どの曲が好きですか?』って逆に質問してみたら、「名前わからないんですけど、ノリの良い曲の、アレ」との答え。あなた、アレってなんですか。

どうやら、アンケートの答えについて話をしながら、色々と聞き出すことを目的としていました。キャッチセールスで買わせようとしている商品に誘導していくための糸口を探すためなんでしょうけど。

まぁ、黒豚はふらりふらり、冗談を交えながら、適当なことを言っていました。自分のいい加減さが怖いです。

しかし、黒豚も黒豚なのですが、このお姉さんも天然というか、抜けているというか、結構アレだったので、ツッコミを入れたりしいていたら、普通に会話で仲良くなってしまいました。

さて、二人が笑顔になり、親密になってきたら本題です。

キャ「アロマっていいよね。癒されるよね」

黒豚『癒しっていいですよね。癒されたい。むしろお姉さんに』

キャ「何を言ってるんですか(笑)実は、癒されるいい情報あるんですけど」

キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!

黒豚『なんですか?』

キャ「実は、うちのお店って仙台に出来たばかりなんだけど、アロママッサージをやってるんですよ。」

黒豚『いきなりお店の宣伝ですか?これってアンケートなんじゃないんですか?しかも、どこが本拠地なんですか?』

キャ「北海道から進出してきたんですよ。アンケートは、マーケティングのためです。もし良かったら、詳しいお話しますか?」

黒豚『はい、お願いいたします。』

キャ「(めっちゃ笑顔になって)じゃぁ、」

黒豚『あっ、どっかに移動するってのは困りますよ。キャッチだったらそこに怖い人とか居ちゃったりなんかして、帰れなくなりますから。ここで説明してくださいよ。』

キャ「・・・キャッチじゃないですよ。お兄さん、結構いやらしい性格ですね」

黒豚『そうなんですよ。悩みなんです。』

なんてまたどうでもいい話をしていましたら、お姉さんが切り出してきます。

キャ「でも、ここだと資料もないですし、暑いから移動しません?」

そんな誘いも断固拒否。

さぁ、お姉さんとの問答も架橋に入ってきました!
笑顔は崩さずも焦るお姉さん。
黒豚は、ここから攻め立てます。

と、続きを述べたいのですが、長くなってしまったのでここで、一旦休憩を挟みたいと思います。

次回に続く!!

さぁ、黒豚はどう揺さぶりをかけていくのか?
次回、様々な交渉スキルが登場します!お待ちください。

って、今日はマエフリで終わってしまいました。ちょっとどんだけ~。

テーマ : どんだけぇ~。 - ジャンル : 日記

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。