プロフィール

barunballoon

Author:barunballoon
バルン・バルーンは、仙台に住む学生や社会人が、今話題になっているトピックを、若者の視点から、わかりやすく、日替わりでお届けするブログです。

[月]ムービー
[火]投資
[水]適当学
[木]オレ様
[金]フードビジネス
・・・・コミュニケーション
[土]書評
[日]スポーツ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/07/31 (Tue) 10:49
外国株式Ⅳ - 中国

どうもyosiです。

今週は中国です。

中国は中長期的な上昇が期待されています。
上昇の背景にあるのは、中国株式市場の規制緩和政策と人民元先高観測です。
中国株式には、H株・A株・B株・レッドチップ等がありますが、2006年に入り、相次ぐ規制緩和政策の発表を受け、各市場とも様々な要因で上昇しています。

中国は、五輪まで投資が続くと言われています。その後は反動でやや伸び悩むと言われていますね。

とはいえ、有望な新興国には間違いなく、投資対象としても有望ではないでしょうか。


ファンドを2本ほど紹介しておきます。

三菱UFJ チャイナオープン
主要投資対象は、香港証券取引所の中国関連銘柄、ブルーチップ、レッドチップ、H株及び上海・深セン両証券取引所のB株等。
カブドットコム証券でノーロードで販売しています。
ファンド詳細

HSBC チャイナオープン
主として中国、香港、上海、深セン等の証券取引所に上場されている株式、取引所に準ずる市場で取引されている株式、中国経済の発展と成長に係わる企業や収益の多くを中国内の活動で得ている企業の株式に投資。
有名所の販売会社としてはマネックス証券で取り扱っているようです。
ファンド詳細
スポンサーサイト

2007/07/26 (Thu) 23:54
SO WHAT??? vol.12 -men×men×men=movies? -

男 女 男で、嬲るなら、
男 男 男なら、何になるんだろう?

そんな、やくたいもないこと考えてる夏の始まり。


ってことで、男映画祭りでしょ~!
わっしょい

ワールドワイドな男はんはよう知らんから、
アツ~い男が狭い島から溢れ出しそうなIN香港限定で!!!

ザ・ミッション 非情の掟 ザ・ミッション 非情の掟
アンソニー・ウォン、フランシス・ン 他 (2002/02/25)
ケンメディア

この商品の詳細を見る


『友情と組織の掟に縛らる黒社会に生きる男たちを描いた、
 香港スタイリッシュアクション』

美人がいなくても、セクシーがなくても、
こんなにおもしろい映画って作れるのね
女なんて添え物にもなんねぇよ、マジで。

それくらい魅力的で色っぽいオジサン大集合のこの映画!
やっぱ、香港って黒社会よねぇ~
危険と隣り合わせの男たちが、SOセクスィ~
(でも、これって男性ファンが多いんだよね。
 やっぱり男も男に惚れるのね♪)

耳から離れないあの音楽&吉野島(ジャスコ!)が舞台の銃撃戦が
もう、辛抱たまらんっ
なんでか、急に観たくなっちゃうんだよねぇ☆

それにしても、ジョン・ウーが撮る男は、一筋縄じゃいかん感じでいいんだよなぁ。。。


インファナル・アフェア 3部作スペシャルパック【初回生産限定】 インファナル・アフェア 3部作スペシャルパック【初回生産限定】
アンディ・ラウ、トニー・レオン 他 (2007/01/17)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る


『警察に潜入したマフィアと、マフィアに潜入した警官の
 ふたりの男が運命に翻弄される姿を描いた香港映画の秀作』

初めて観たとき、
「ドンパチと無茶苦茶さが売りの香港で、
 こんな物語で引き込む映画が作れるんだぁ
って、びっくらこいちまったさ!
そりゃ、ハリウッドもリメイクしますわよ。
(ディカぷー主演&スコセッシ監督の『ディパーテッド』)

悲しいほど青い香港の空に、汚れちまった男ふたりが映えまくる。
汚れちまってるのに、悪いとは言い切れない、やりきれない…。
そんな苦悶に満ちた男たちが、SOセクスィ~
こっちまで、無限地獄に落ちそうよ

しかも、この映画、若いのからオッサンまで男&男&男。
幅広く魅力的な男を取り揃えてまっせ!
観ながら、「トニーがいい!」「えー、アンディでしょ!」とか
やくたいもないこと言ってるんだろうなぁ、みんな。

でも、絶対に、潜入捜査官&マフィアにはなりたくないっ!
だって、すんごい怖いんだもん!
おしっこチビりそう、ぷるぷる~
(そういや、この映画2箇所ほど要失禁注意シーンがあるから、
 みんな、尿取りパッドを忘れるな!)


ブエノスアイレス ブエノスアイレス
レスリー・チャン、トニー・レオン 他 (1999/11/26)
パイオニアLDC
この商品の詳細を見る


『アルゼンチン。幾度となく喧嘩と別れを繰り返してきた
 ゲイ・カップルの愛の痛みを描いたウォン・カーワイ監督作』

いきなり、香港の裏側・アルゼンチンに飛んじゃったけど、
気にしないで~。
ノー・プロブレム☆
俳優も監督も香港人ですからっ!

この映画さぁ、ゲイだから「おっ!」と思うけど、
男と女だったら、ただの痴話喧嘩のお話なんだよねぇ。
まぁ、そんな感想がどうでも良く思えちゃうくらい、
魅力的な男が出てくるんだけど

今はもうお星様になっちゃったレスリー・チャンが本気印のねっとりゲイ(芸)で攻めれば、
板さんカットのトニー・レオンが「しょうがねぇな」とか言いつつ、嬉々として受ける。
そこに、爽やかチャン・チェンが加わって…
男&男&男の図、完成!!!
わ~い

愛の形はひとそれぞれ。
好きなモン同士の密室は、誰にも何にも言えんよ

黒社会絡みの映画が続いちゃったから、
最後は、男ラブストーリーで締めっ


う~ん。
映画もいろいろ、男もいろいろね

でも、確かに言えるのは、
男映画冥利、バンザ~イってこと。

夏の夜長はこれでしょ、やっぱり!
マジで、やくたいもないなぁ。
でも、夏ってやくたいもないことがしたくなるでしょ?


PS
次に観たい男映画はやっぱ、「エレクション」だわ~
もうDVDになってるんだけど、どうしても画面で見たい
早くフォーラムでやんないかな。

2007/07/25 (Wed) 21:11
【適当学(水):第14回】ハートに火をつけて

愛の伝道師・stoneです。

早速ですが、何となくハートが好きです。まあ、言うても何となくです。

key


thnkscrd


ymdr


bghrt


tfc


kkk_dd


sp


こんなラヴリーな形ですが、元は心臓なのです。しかも、実際に、生きている心臓をえぐり出すなどしなければ、こんな風に綺麗なハート型にはなりません。

人の生命を司る器官を象徴とする凄い、ある種のロゴマークだと思います。

何も西洋的な文化で象徴的だっただけでなく、各地の固有の文化においても、新鮮な心臓をいけにえに捧げるという文明も幾つか存在しました。

いずれにせよ、先人の凄いセンスだと思いますね。

心臓,2倍大・5分解モデル,食道・気管・大動脈付 心臓,2倍大・5分解モデル,食道・気管・大動脈付
()
スリービー・サイエンティフィック
この商品の詳細を見る


ハートというのは命懸けの想いの象徴でもあるのかもしれません。


<今週の1枚:ニコニコ通りの恋人たちへ>

nikoniko


2007/07/24 (Tue) 09:08
仙台で災害が起こったらどうしますか?

仙台で災害が起こったらどうしますか?

そんな対策を考えるイベントを開催することになりました。
ぜひ、みなさまふるってお越しくださいませ。

-------------------------------------------------
先日、新潟での大きな地震がありましたね。
初期支援の体制も整いつつあるとのことですが、
未だ多くの方が、不自由な生活を強いられています。

今日のニュースにも出ていましたが、
食料や水の救援物資の送りすぎで逆に現地は、
困っているようです。
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070719k0000e040030000c.html

私たちが住む宮城県も、数十年以内に宮城県沖地震が
ほぼ確実に再来すると言われています。

そうなったときに、どうやって自分たちを守るのか。

自らが被災者になったつもりになって考え、
被災地に本当に必要な支援は何かを見つけ出したいなと。

そこで、仮に震災に陥ったとき、どうすればいいのか、
講師の方を招いてのイベントをやりたいと思います。

参加費は無料ですが、会場でカンパを募ります。
そのカンパを、被災地への支援に充てます。
支援内容はセミナー中に考えたいと思います。

以下、日時などの詳細です。

*****************************
『震災に遭ったら、どう助けて欲しいか』
 ~被災者視点から考える、本当に必要な支援体制とは~
 
 開催日時 7月24日 19時半~21時
 開催場所 FiveBridge (仙台市青葉区北目町4-7HSGビル3階)
 講師   谷村智康さん
 参加費  無料(会場で今回の被災者へのカンパを募集します)
*****************************

みなさん、お気軽にお越しください。
当日そのままふらりとお越しいただければ幸いです。
また、周りのご友人の方に広めていただければ幸いです。

テスト中で、難しいことは重々承知ですが、
余裕がある方は、是非お越しください。

-------------------------------------------------

2007/07/22 (Sun) 03:14
こんしゅうのおすすめ

お久しぶりです。三週間ぶりの登場です。

今週は最近聴いたCDでよかったものを紹介します。

KY! KY!
kuh (2007/06/20)
インディペンデントレーベル

この商品の詳細を見る


一枚目はBEATCRUSADERSのBaクボタマサヒコさんの別バンド、kuhのアルバム。
ビークルではBaを弾いているクボタさん、kuhではgtを手に歌っています。ポップパンクを基調とした疾走感溢れる曲が売りのビークルとは異なり、kuhはエレクトロニカ、ダブ、エモ、ポストロックなど多くの要素をスパイスしたにポップスです。スーパーカー、コーネリアス、AIRあたりが好きな人は気に入るはず。きっと。
kuhが気に入った人はクボタ氏が以前やっていたバンド、popcatcherも聴いてみたらどうでしょう。

ソウル・フード・タケリア ソウル・フード・タケリア
トミー・ゲレロ、Lyrics Born 他 (2003/04/26)
フレイヴァー・オブ・サウンド

この商品の詳細を見る


二枚目はUS西海岸ストリートカルチャーのカリスマTommy Guerreroです。この人はスケボーのライダーとして有名ですが、実はミュージシャンとしても活躍しています。
このアルバムは歌入りの曲も何曲かありますが、基本的にインストが中心です。ギターの甘い単音フレーズがたまりませんね。これからの季節にぴったりなクールでメロウな楽曲が多数収録されています。ドライブのお供にぴったりですね。ぜひカリフォルニアの太陽に思いを馳せながら聴いてみてください。

其ノ群青 其ノ群青
MOGA THE ¥5 (2006/11/08)
ピザ・オブ・デス・レコーズ(D)

この商品の詳細を見る


大阪のパンクバンドMOGA THE ¥5の新作。言葉が刺さりますね。自分の胸の中の思いを、自分の言葉で飾らずにありのままさらけ出しています。eastern youthやnumbergirlが好きな人ならはまるんじゃないでしょうか。

テーマ : 音楽 - ジャンル : 音楽

2007/07/21 (Sat) 01:00
食べるを考える その9

こんばんわ。長引く梅雨にテンション下がり気味のマッキーです。

今日の食べるを考えるでは

しつけと食について考えてみようと思います。

今思えば私の家庭では朝・夕と家族そろって食事をすることが
多かったように思います。

会社員だった父親はほぼ毎日定時に家に帰ってきたため
サザエさん並の一家団欒が実現していました。

うちの両親はしつけにはあまりうるさい方ではありませんでしたが、
それでも食事中のマナーが悪いときや食べ方が汚い時は指摘されることがありました。

また食べ残しに対しては割と厳しかったようにも思います。

そのお陰か大人になった今も好き嫌いはほとんどなく
偏食もあまりしないという健康的な食生活を
送ることができるようになりました。

やっぱり一人で食事をするよりも
みんなでわいわい話しながら食事を取る
というスタイルが個人的には好きです。

最近キレる子供と食事の関係が指摘されていますが
自分で食事を作らずスーパーのお惣菜で夕食を済ませてしまう
親が増えていると聞きます。
中食というものも定着してきていて、
きんぴらごぼうや切り干し大根、サラダなどを
パック詰めで買ってきて夕食に出すというのがあたりまえに
なっているそうです。

わが家の家庭で出される食事では
多少まずくても愛情がこもっているような気がしたので
嫌いな食べ物があったときもなんとか我慢して食べていました。

それが無言のしつけであり食育だったようにも思います。

家庭の味を知らない子供が大人になった時
食事を通したしつけというものも薄まってしまうのでは
と少し心配な今日このごろです。




2007/07/19 (Thu) 01:51
SO WHAT??? -in the mood for campain-

「政治家は顔で選べ!」

やっぱ、そうだろ。
映画観てて確信しちゃったね。

その映画って、ズバリ「選挙」!
(http://www.laboratoryx.us/campaignjp/)

2005年の小泉劇場真っ只中に、
思いっきりド素人の”山さん”(趣味は妄想鉄道旅行)が
自民党公認で市議会議員補欠選挙に出ちまったYO!
そんなこんなの悲喜こもごもだYO!

あらすじだけ見ると、
まぁ、あんまりおもしろくもなさそうなんだけどさ。

だって~、そこいらの落下傘候補でしょ?
とーしろーでしょ?

でもね、だからこそおもしろい!
しかも、これ、ドキュメンタリーよ?

「ここまで見せていいんかい?
 自民党&センセイ!
 カメラ回ってるつうの!」
と思わずツッこむ、生々しさ。

そんな政治汁(特濃)ほとばしる面々の中にいて、
日本の政治に染まりきってない(つうか何も分かってない)
山さんがいじらしくもキュート☆
(唯一のリラックスは軽自動車の中での昼寝&妄想♪)

センセイ方には、
「電柱(カーネルサンダース含む)にもお辞儀しろ!」
「奥さんのことは妻(wife)ではなく、家内(housewife)と呼べ!」
「握手の仕方がなっとらん!」
と叱られまくりの気ぃ使いまくり。
体育会系の世界だっ!

”家内”も仕舞いにゃ、ブチ切れた!
「アンタが頼りないから、こうなるのよ~!!!」
すわ、家庭崩壊かっ?

そんでもって、投票も差し迫ってる~!
会社だって辞めたのよ~、当選しなくちゃああ!

だのに、なぜいつまでたっても演説が上手くならんのか!
あなた、カミカミなのよ~
もっと落ち着いてしゃべんなさいよ!
口を大きく開けんかいっ!
あなた、全てがおぼつかないのよ~!

もぅ~、山さぁあああああん!
しっかりしてぇえええ!

と、気づけば、
山さんを応援してる自分がいちゃったり☆
いらない親心が芽生えちゃったり★
そのくらい、(内容が)生で山さんが良くも悪くも普通なの。

だってさぁ、センセイ方の濃さと比べると、
面構えからして違うのよねぇ~
囲まれると、一人ツルッと薄すぎる存在感が…
あぁ、やっぱり海千山千の”センセイ”は並みの人間じゃないのね、と。

気持ちはチぃーっとも入っとらんのに、無駄に旨いべしゃり、とか。
ヤツらは”役者”だ!
(字幕にmonsterの文字がっ!)

濃すぎるセンセイ方と、思いっきり普通な山さんに
ツッコミ入れつつ観ているうちに、
巨大な自民党の日本支配のやり方や
ポンニチ的民主主義まで見えてくる!
(東大出というだけで選ばれた山さんが、
 選挙最終日にはちゃんと自民党公認候補になってて、スゴイっす!
 さすが自民党、さすがドブ板、さすがセンセイ方!)

つうか、これでいいのか?
民主主義。

政策よりも、思想よりも、
(山さんが地元記者に政策を聞かれるシーンは失笑モノ)
必要なのは、カネとコネとセンセイなのかぁ?????
そんなの、おかしいじゃろがっ!

これが”普通”の選挙なの?
(ちなみに、この映画が話題になった
 ベルリン映画祭の地元メディアは、
 『世界でも知的水準の高い日本人だが、
 選挙に関しては驚くほど愚かだ。』だってさ。)


と、興奮できて、ためにもなるこの映画。
(下世話な目線で観てもOK牧場!)
参院キャンペーン真っ只中の今だからこそ、観てほしい!
7月20日までで打ち切りだなんて、もったいなさすぎだってばぁああ!
(仙台フォーラムにて上映中
 http://www.freefactory.net/forum/)

できれば気の置けない友達と見に行って、
帰りに一杯やりながら、
映画を肴にアツ~く、ユル~く語り合ってほしいね★


※濃い目の映画ですが、
 合間に入るこどもたちの映像がいい清涼剤になっておりまする~
 こどもって、本当にピュアっピュア~♪
 私みたい~♪



PS
この映画の副題ってcampainなんだけど、
election(選挙)じゃない意味がよく分かるわ~
本当、販促キャンペーンなのよ。

それにしても、投票当日、
山さんが@@にいたのが、どうしても解せない~!
なぜだ~
疲れすぎたのか~!!!

2007/07/18 (Wed) 23:41
【適当学(水):第13回】アイン・クライン・ナハトフィルム

stoneです。

趣味は独りレイトショーです。と言っても差し支えないくらい、しばしば私は独りでレイトショーに出掛けます。

幾らか割安で映画が観られる、というのは、まあどうでもイイ話。

何でしょう、あの退廃的なムードの中で観るコトの快楽。ポツりポツりとドコか一筋縄ではいかない客人が数人やってきて、思い思いの席に間を置いて腰掛ける場内、僅かな緊張感。生気のないスタッフの声で、突如、暗くなる劇場、そして甘いシャンパーニュを空けるように訪れる光の饗宴。まるで奇人の晩餐会に間違って来てしまったかのようなの異空間がそこに…。

プライベートともパブリックとも言い切れない、夜の中のあの異空間が、現実逃避を一番、上手く体現する。スクリーン以外に何も、我々の意識を塞ぐモノはいない。時間すらも、映画の中の世界が決める。

2時間ほどの上映時間の中、私たちは、ドコでもないドコかへ旅立つコトが出来る。そして旅の終わり、エンドロールが愛おしくて仕方なくなるハズ。

ラース・フォン・トリアの「ダンサー・イン・ザ・ダーク」で、ビョーク演じる主人公は言う。「私はいつも最後のシーンを観ずに席を立つ。すると、私の中で永遠に物語りは続いていく」と。

ダンサー・イン・ザ・ダーク ダンサー・イン・ザ・ダーク
ビョーク、カトリーヌ・ドヌーブ 他 (2004/11/25)
松竹

この商品の詳細を見る


さて、私は先ほど、マルチェロ・マストロヤンニの特集というコトで、映像の魔術師フェデリコ・フェリーニの代表作「甘い生活」(伊・1960年)を観て来ました。上映時間174分!案の定、途中、寝てしまった私はもうこの世界から抜け出せないのではないか、というほどの衝撃的な映画でした。冒頭、ヘリで運ばれる巨大なキリストの像でヤバイと確信。そして、ラストの海獣には、夢でうなされそうです。

この映画、カンヌでパルムドール、オスカーで衣装デザインなど各国の賞を総なめした、大問題作であります。私が敬愛する菊地成孔なんかも先日の日記で触れていましたね。

何はともあれ、レイトショーで観るべき、憂鬱と官能にまみれた映画です。もし、いつの日か、また劇場公開の機会があれば是非、レイトショーでご覧ください。人生変わるかもです。

それにしても、つい先日、映画とイタリアの話題から、友人とフェリーニの話をしたところの奇跡的な公開だったので驚きました。

甘い生活 甘い生活
マルチェロ・マストロヤンニ、アニタ・エクバーグ 他 (2001/06/28)
東北新社

この商品の詳細を見る


適当学では、レイトショーを奨励します、という話です。現実逃避のハズが、スクリーンごしに見えてくる現実の想いなどあるかもしれません。


<今週の1枚:Velvets? in Hirosaki>

velvets

2007/07/17 (Tue) 23:13
外国株式Ⅲ - 新興国

どうもyosiです。

更新が一週間遅れてしまいましたが、気を取り直して更新しますね。
今週もトラックバックをおくらさせていただいております。ありがとうございます。

新興国というと、成長著しいといったイメージが沸くと思います。
と同時に、投資としてはちょっと危ないカンジがすると思います。

実際に、変動率が大きい投資なのですね。それだけに、投資の際は注意深くなる必要があります。

とはいえ、大きなリターンは魅力です。
新興国ファンドの中では、一年で倍になるものも少なくありません。

ファンドの紹介をする前に、新興国についてもう少し考えてみましょう。

有名なのは、BRICsです。
ブラジル、ロシア、インド、チャイナです。
これにサウスアフリカ(南アフリカ)が加わる事もあります。

そのほかにも、韓国、トルコ、ベトナム等のファンドも見たことがあります。

いずれも、成長著しい国の産業に投資します。
なかなかわくわくするのではないでしょうか。


それでは次回から、個別の国について見ていきます。

2007/07/14 (Sat) 02:10
食べるを考える その8

おばんです。マッキーです。

今日の食べるを考えるでは
「食べられなくなる食べ物」について
考えてみようと思います。

すでに気づいている人もいるかもしれませんが、
私たちの食卓から徐々に姿を消している食べ物というものがあります。

その一つがマグロです。

世界中のマグロ需要の高まりを受けて価格が高騰し、私たちの口に簡単にまぐろが入らなくなる時代がすぐそこまで来ています。

最近ではヨーロッパからのウナギの輸入が規制されたり
ロシアからのカニの輸出が禁止されたり
身近な食品の値上げが頻発しています。

以前にバイオエタノールの話をここで書きましたが
穀物や果物の値上がりも顕著になってきています。

原油価格の高騰もあって食糧生産にかけるコストが
増大しているのが原因です。

いままで食べることができた食べ物を
食べることができなくなる、
または高級品になってしまうというのは
けっこう寂しいことです。

そうなってしまわないためにも
やるべきことがあるような気がします。

持続可能な食というものをいかに作っていくか
生産者も消費者も一緒になって考えていかなければ
解決できないところまで問題は深刻化しています。

食にもエコが求められていく時代になったということでしょうか。

今回はこの辺で。
















2007/07/11 (Wed) 23:45
【適当学(水):第12回】カメラの中3秒間だけ僕らは 突然恋をする

stone!stone!stone!です。

色んなモノと格闘中です。人生とはそういうモノかもしれません。


さて、私の記事の一番下に、毎回、何らかの写真が載っているのをご覧いただいておりますでしょうか?殆ど全て私がドコかで撮って来たモノです。

デジカメを買ったのが去年で、特に今年に入って、色々と身の回りの変化と共に、デジカメを持ち歩くようになりました。お陰で、上手い下手ではなく、何か気になるコトがあれば、なるべく写真を撮ったりするようになりました。

すると、世の中の見方というのも何だか変わってきた気がしますね。常に何か、絵になるモノを探す目になってくる。面白いモノに対する純粋な(好奇)心が研ぎ澄まされてくる。日常の風景がドコか愛おしいモノに感じられてくる。そういう訳か、最近は特に、生活そのモノに自分の中の重きが置かれて来たな、と感じます。


写真家というのはあんまり詳しくないですが、折角なので何人か…。

在本彌生は何となく好きですね。日常に旅というモノをもたらし、人の生の彩、エネルギーを写しているように感じます。

MAGICAL TRANSIT DAYS MAGICAL TRANSIT DAYS
在本 弥生 (2006/05)
アートビートパブリッシャーズ

この商品の詳細を見る


佐内正史は、日常的に取りながらも唯一無二な印象を残す作品で素敵だと思います。musicianとの仕事で最初に知りました。写真家という存在を意識した始めでしょうか。

生きている―佐内正史写真集 生きている―佐内正史写真集
佐内 正史 (1997/04)
青幻舎
この商品の詳細を見る


元々、VOW系なんかも好きなので、梅佳代なんかも楽しいと思います。

うめめ うめめ
梅 佳代 (2006/09/04)
リトルモア

この商品の詳細を見る


あと、凄いのが、グレゴリー・コルベール。え?コレ、写真?ていうまさに神がかった作品を撮っております。コレは観てみると人生変わります。馴染みの服屋では、店長と紙面を見ながら、あまりのヤバさに「ヤバイ、ヤバイ」の溜息混じりの声しか出ませんでした。

Ashes And Snow: March 5-June 6, 2005, The Nomadic Museum, Pier 54, New York City Ashes And Snow: March 5-June 6, 2005, The Nomadic Museum, Pier 54, New York City
Gregory Colbert (2005/03/31)


この商品の詳細を見る


と、いう訳で、さあ、カメラを持って出掛けよう、という話です。適当学の最もわかりやすい自主訓練にもなりますしね。


“本当のこと何も言わないで別れた レンズ放り投げて そして全て終わるはず”

camera_talk


<今週の1枚:青森ではイカが空をとぶ>
余りの衝撃のためカメラの紐が映ってるところが素人ぽくて素敵です。

tobuika

2007/07/10 (Tue) 01:31
動画共有サイト

こんにちは、ムービーとビジネスのケーシです。

なにやら蒸し暑い季節になって、いよいよ快適には過ごしにくくなってきました。
それでも仙台は他の都市と比べると涼しいので、いいほうですかね(笑)

さて、今日は動画共有サイトについて少しお話します。

みなさん、動画共有サイトと聞くと何を思い浮かべますか?
やっぱりyoutubeですよね。世界最大規模の動画共有サイトですもんね。

youtubeには一日あたり、なんと 人ものユーザーがアクセスしてます。
さすがとしか言い様がありませんね。
さらに日本で一番人気のある動画は、今までに 回も見られています。

これだけの規模だったらさぞかし儲かってることだろうと思いきやyoutube単独では、なんと年間 億の赤字なんです。

これ、意外じゃありませんか?

実は動画共有サイトというのは、大量の動画データをユーザーとやり取りしているため、半端ない量の運営コストがかかってしますんです。
一方、収入はというと、考えられる収益モデルはmixiと同じように広告とプレミアムサービスぐらいで、目立った収益源はありません。

そのため収入に比べて支出がかなり多くなってしまい、儲からないらしいです。

しかも、アップされている動画の多くが著作権に引っかかっているため、運営側としてもおおっぴらにお金を取ることができないらしいんです。

ちなみに、この現象はyoutube以外の動画共有サイトにも現れています。
うーむ、世の中そんなに甘くないってことですかねぇ。

ブームが去ってしまったら面白い動画も減ってしまい、次第にユーザーも減っていってしまうので、このままだと動画共有サイトは衰退してしまうのではないでしょうか。

動画共有サイトのヘビーユーザーとしては、早く儲かる仕組みが見つかって長続きしてほしいです。

2007/07/07 (Sat) 01:04
食べるを考える その7

コンバンワ。マッキーです。

相変わらずマイペースです。

今回の食べるを考えるでは
「食べ物のリスク」について考えてみようと思います。

生活習慣病が現代人の主要な死因であることからもわかるように
私たちの食生活が健康に与える影響には非常に大きいものがあります。

にもかかわらず食べ物についてのリスクについて
私たちはあまり関心を払っていなかったように思います。

食べることにリスクがあるなんて!

とびっくりする方もいるかもしれません。

せいぜいカップラーメンを食べ過ぎたり
外食ばっかりだと栄養が偏るので
なるべく野菜を摂取するようにとか
一日30品目食べるようにしましょうとか
栄養バランスについては少しばかり注意を払っているかも知れません。

空腹が満たされればそれでいいやという人も
けっこう多いのではないでしょうか?

しかしながら最近の食品業界の食べ物の扱い方を見るにつけ
「ちょっとこんなんでいいの?」
と危機感が高まってきます。

問題なのはこれらのリスクを負っていることを
消費者が気づいていないということです。

タバコを吸えば肺がんのリスクが高まることは
現在では常識になっていますが
添加物を多く摂取することが
アレルギーやアトピーに関係しているという
因果関係はまだ証明されていません。

とはいえリスクが証明されていないからといって
安全だと決まったわけではないということです。

最近動脈硬化や心臓病のリスクがあるとの指摘があり
ニューヨークで市内のレストランにおけるトランス脂肪酸
の使用を全面的に禁止するという措置がとられました。

トランス脂肪酸はマーガリンや食用油に含まれているは私たちにも身近な物質です。

しかし現時点において日本におけるトランス脂肪酸の表示義務は
ないとのことです。

ということは法的な表示義務や規制措置が採られるまでは
このようなリスクに対する対策を自分たち自身で行わなければ
ならないということです。

日常においてどのような食べ物を選ぶかという判断や
食べ物に対する姿勢そのものが問われているということです。

現在では食品公害という言葉も使われるほど
保存料や着色料や添加物がそれはもうたっぷりと
使われているのが食品の流通の現状です。

しかしながらそのような食品製造の現場を
多くの消費者は知らないままです。

現在の食品製造の現状を知り
そのうえで判断し、行動する
「賢い消費者」が増え、
リスクに対する考え方が広まれば
添加物の含有量などの表示義務や
法的規制も迅速に行われるはずです。

というわけで
「楽しく・おいしく」
食について学ぶ機会が作れないか?
というのが最近の課題です。

おっ、ようやくフードビジネスらしくなってきた。























2007/07/06 (Fri) 00:27
SO WHAT??? vol.11 Dont call him boggy.

なぜか言葉遣いがバブリーと言われる私……。

お金とかって、そんなに好きじゃないのにさ。。。

でもまぁ、バブルってぇのも悪くないよね?
最近、景気いいしさぁ。

ってなわけで、
バブルな本を2冊抱えて、お金の夢を見る。


$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$


「ボギーって呼んでくれよ。」

「ボギーっていうより、ぼぎちんって感じぃ」


お金と色気でつながった
おじさんと女の子の本当にあった、本当の話。

どこにでもあるけど、
どこにもないバブル純愛物語。


おじさんは、堅気じゃなくって、生き方はバクチ。
それでも、夜の女にはとってもモテる。
つまり、すんごい魅力的。

女の子は、わがままでプライド高くて、甘ったれ。
いけすかないけど、「ご馳走様♪」だけは素直に言える。


そんな2人が出逢って、時代とお金に翻弄されていく…。


あらすじだけ書けば、
なぁんか、ありそうで安っぽい。
それだけの話。


では、済まされなかったりする。


ぼぎちん バブル純愛物語 ぼぎちん バブル純愛物語
横森 理香 (2005/04)
集英社
この商品の詳細を見る




流星たちの宴 流星たちの宴
白川 道 (1997/07)
新潮社
この商品の詳細を見る



実はこの小説って、
2つとも本当にあったことなんだよねぇ…。
(もちろん物語だから、ディティールはそれぞれ違うんだけどさ。)


読み比べるとわかるけど、
男はやっぱりロマンチストで、女はやっぱりリアリストだ。

だってさぁ、題名だけ見たって
「流星たちの宴」なんて、自分を星に喩えたロマンチックと
「ぼぎちん」なんて、やらしくて笑えるもんなんだもん♪


でも、いつしか
その差が生み出すギャップが切ない。。。


女の子はいつの間にか、女になってしまう。
やっぱり、女のほうが先に歳をとる。

おじさんはいつまでたっても男の子。
差は広がるばっかりだね。

おじさんが塀の中で思いを込めて書いた手紙を、
女の子は「ひったてるよ…」なんて笑って受け止めるんだもの。


冷静な女の子と、夢見てるおじさん。
そのギャップが切ない。


ふたりとも真剣だったのだ。


(その証拠に、
 後にふたりともそれを小説に遺すんだから★)

$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$


2冊を読み比べると、
突っ込みどころ満載でおもしろい~♪
(細かい設定も、女は女の都合に、男は男のそれに
 いいように書いてあって笑えるのよ~)

まぁそんな下世話な見方じゃなっくて、
女の子の成長物語と相場師のハードボイル小説として読んでもおもしろい~★

もちろんバブリーな風俗物語としてもね♪
(そっちの風俗じゃあないっすよ、お兄さん!)

2007/07/04 (Wed) 12:43
【適当学(水):第11回】 Presents

Hello,

stoneです。

バイト先の社員さんが異動というコトで、その贈り物を一任されました。贈り物には定評のある私ですが(笑)、誰しもが難しいと自覚するように、今回は流石にかなり難易度高いな、と思いながら、慎重に街をブラりとしてみました。

と、いう訳で、心持心機一転、10番台最初のテーマは少し穏やかめに「Present/贈り物」について考えてみたいと思います。

それこそ、モノを送るぞ、という気持ちで選び渡すモノだから、贈る側としては、狙い過ぎず外し過ぎず、適当なモノを選んで贈りたいモノですよね。適当学としては、素敵な(⇒絶妙な)贈り物ができるか否かはとても大きな問題です。最早、適当学者にとっては、試合、大会みたいな大舞台です。相手がどんな人であるかは問いません。

自分の身を考えて見たとき、素直に一番、心に残る、というか、重要な贈り物ってなんだったろうか、というコトですが、特に考えなくても、パッと出てくるモノ、というかむしろ場面というのがあります。しかも、不思議なコトですが、贈ったときも贈られたときも、その内容も全く同じなのです。こういうコトってあるんだなあ、と初めての不思議な感覚を抱きました。ちょっと意味わかりませんよね。まあそれはそこまででイイです。そして、それが今も変わらず、というのは、幸か不幸かわかりませんが、そういうモノを心に今も抱いていられる、という想いは、素敵な贈り物の賜物だなあ、なんて思っています。

モノはモノなんだけれど、それに想いを込めるコトはできる。そうしたモノは値段じゃないなあ、とも感じます。安いモノでも、強い想いを感じるコトもある。高いモノでも、その想いを感じ取るコトができると真の値打ちがわかる。そういう意味で、素敵なお店というのは、モノ以前に想いを売っているんだな、と最近、強く感じています。

私なんか、適当学提唱者らしく、人の贈り物を探すがてら、コレ、イイね、イイね、で、自分用に購入してしまったモノも結構あります。大体、人への贈り物を探すとき、そういう自分のセンスをほとばしらせて目利きの目になっているんでしょうね。相手を考えたとき、より自分に触れ幅が大きければ、自分に贈っちゃいます。

あるお店の開店祝いに贈ったアンティークのインテリアが、今も、店頭にちょこんと置いてくださっているのは、本当に嬉しいな、と思います。開店祝いに、沢山の花が贈られて花屋さんみたいな外見になっていたコトを覚えています。そんなに花が一杯あっても開店直後の忙しいときに処理なんてできないし、自分だけでも花は絶対にやめてもっと素敵なモノを贈ろう、そう思って探しました。そんな少しの想いが、贈り物を素敵にするコトもあります。

相手の喜ぶ顔や、そうやって寄り添う光景を思い浮かべてみれば、自ずと何がイイか見えてくるかもしれませんね。けれども、決して押し付けがましくてはいけない。それでいて、自分が気に入ったモノ、欲しいくらいのモノでないといけない、と思います。そして、自分自身が折に触れて、その贈り物と相手の顔が思い出せるコト、相手もまたその通りであるコト。そこまでいけば、贈り物は心に届いたと言えるのではないでしょうか?


というのは、

多くが精神論みたいで、自分でもビックリですが、肌身1つでも、一緒になってそういった相談に応じてくれる自分だけのとっておきのお店を幾つか持っておくコトも大事なコトです。やっぱり、そういうお店なら、化学反応か何かで、ミラクルを起こしてしまうコトもしばしばありますから。そう、いつも同じ店も安心ですが、自分の幅を広げるために、この幾つか、というのも大切に思います。


<今週の1枚:just think about it>

if you...

2007/07/03 (Tue) 23:22
外国株式Ⅱ - 先進諸国

どうもyosiです。

今週はトラックバックを送っております。

先進諸国の投資法についてですが、
インデックス投資か、
バリュー株投資がよいと言う結論でしたね。

いくつもファンドがあるのですが、紹介します。

ステート・ストリート外国株式インデックス・オープン
MSCIコクサイ指数(円ベース)に連動するインデックス型投資信託です。カブドットコム証券でノーロードで販売しています。
ファンド詳細

中央三井外国株式インテックスファンド
MSCIコクサイ指数(円ベース)に連動するインデックス型投資信託です。有名所の販売会社としてはソニー銀行で取り扱っているようです。
ファンド詳細

朝日Nvest グローバルバリュー株オープン 『愛称:Avest-E』
信託報酬「1.89525%」。外国株を扱っている投資信託の中では好成績を維持している。マネックス証券でノーロード。
ファンド詳細

2007/07/01 (Sun) 00:07
こんしゅうのおすすめ

お久しぶりです。二週間ぶりの登場です。

日本では7月に参議院選が行われますが、
海の向こうイギリスでは、
首相がブレア氏からブラウン氏に交代されたということで、

今週はおすすめのイギリス映画を紹介します。

トレインスポッティング 特別編 トレインスポッティング 特別編
ユアン・マクレガー (2002/02/22)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る


Trainspotting/1996年 監督:Danny Boyle
かなり有名な映画ですが、僕の一番おススメはやっぱりこれですね。スコットランドのエディンバラを舞台にヤク中の青年達の日常を描いた作品です。この映画の素晴らしさは、無駄なシーンがないこと。ストーリーの本筋に関係のないシーンを全て排除して、あえて90分という短い尺にまとめています。だから途中でダレずに観ることが出来ますね。
※クスリを打っている場面や、いろいろ汚い描写が多いので食事中は見ないほうがいいです。

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ
ジェイソン・フレミング (2005/12/16)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る


Lock, Stock and Two Smoking Barrels/1999年 監督:Guy Ritchie
マドンナの旦那、ガイ・リッチーの作品。 「ロンドンの下町の若者たちが、ギャンブルで作った借金を返すために、隣の部屋のマフィアの情報を盗み聞きして、マリファナ工場を襲撃。ところが、奪ったマリファナを売ろうとした麻薬王は、そのマリファナ工場のボスだった!(アマゾンより引用)」いわゆるクライム・ムービーです。複雑な人間関係、強烈な個性を持った登場人物、この映画の魅力は脚本の素晴らしさです。


チューブ・テイルズ チューブ・テイルズ
ジェイソン・フレミング (2004/09/10)
アミューズソフトエンタテインメント

この商品の詳細を見る


Tube Tales/1999年 監督:Bob Hoskins他
ロンドンのチューブ(地下鉄)を舞台とした、9本の短編オムニバス形式の作品。有名俳優のジュード・ロウやユアン・マクレガーがメガホンの取った作品も収められています。全作品、ロンドンの庶民の視線で描かれているので、かの地の人々の生活の匂いをひしひし感じることができます。それと間抜けなコメディーで笑いあり、心温まる話ありとバラエティ豊富な作品の数々を一本の映画で観ることができるのでお得な気分になりますね笑。ジュード・ロウの監督作品「手の中の小鳥」が一番好きです。

今回紹介した映画は全て1990年代の作品です。1990年代のイギリス映画界はそれまでの低迷期を脱し、若手が魅力的な映画を次々と発表していた時期です。低予算ながら映像演出や脚本が優れた作品が多いので、ぜひご覧ください。








| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。