プロフィール

Author:barunballoon
バルン・バルーンは、仙台に住む学生や社会人が、今話題になっているトピックを、若者の視点から、わかりやすく、日替わりでお届けするブログです。

[月]ムービー
[火]投資
[水]適当学
[木]オレ様
[金]フードビジネス
・・・・コミュニケーション
[土]書評
[日]スポーツ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/30 (Thu) 02:00
SO WHAT??? vol.17 -その男、フランク・ゲーリーにつき-

フランク・O・ゲーリー

その名前は知らなくても、次の建物は見たことあるはず♪
http://sketch.cinemacafe.net/

つうかさ、こんな建物どうやってつくるのよ???
この曲線はどうやって???
しかも、設計図どうやって描くのよ???

ってことで、映画「スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー」見てきた。
(仙台フォーラムにて公開中)

内容は上の公式HPを見てね~
んで、感想だけ

私は、建物って、始めに、そこに住む人や利用する人の生活や気持ちをイメージしてつくるものだと思ってた。

例えば、2世帯住宅をつくるときには、
どうやったら、2家族が仲良く暮らせるのか?
例えば、公園にトイレをつくるときには、
どうやったら、気持ちよく使えるのか?

ってね。
その解決方法が、建物だと思ってた。

それを使う人が、第一。
快適さが、第一。

建物は、実際に、使うし、触るし、暮らすし、
時には、人を傷つける。

建築家のイメージやアートなんてトンデモナイ

自分のイメージを自由に形に出来るのは、芸術家だけ。

だって、アート(あぁ、このムカつく言い方!)は、
物理的には誰も傷つけないし、
日常的に使うものでもないでしょう?

でもねぇ~、フランク・ゲーリーは、
イメージを建築にしちゃうのよ!!!
小学生がつくった自由な工作を、実際に建てちゃうかんじよ!!!

模型に紙を切り貼りしながら、外観をつくっていくんだけど。
この過程が悶絶モノ
屋根が短くなっていくたびに、
曲線を付け加えるたびに、
外壁を変えるたびに、

「今ので内観はどう変わるんだ?
 使う人のフィーリングは?
 全面ガラスで夏は暑くないのか?
 なぜそこに装飾が必要なのか?
 この無駄な装飾にかかるお金は?
 違法建築では?
 っていうか、この建物は実際に建てられるのか???
 建(立)たない建物なんて聞いたことがない~」
と、私はドキドキした

それなのに、それなのに、
おっさん(フランク・ゲーリー)、模型見ながら、
「(建物の格好が)バカに見えるのがいいね~
って嬉々としとる~

それが、キラっキラの少年っぽくってさぁ。

かなわねぇ。
私、小さすぎだわ

変態と言われても、醜い(もちろん、建築が!)と言われても、
奇抜な挑戦を続けるアナタのパワーはスゴイっす!!!
生き血、分けて欲しい

と、ま~るく収めようと思うんだけど、
どうも収まり悪くない?
っていうか、言いたい!

どうして、フランク・ゲーリーは模型を俯瞰で見るのか?
そんな遠くから見る人、いるか?
鳥ぐらいじゃん!
普通は(この言葉も嫌いだけど)、
使う人の目線で模型を覗き込むようにして見るんじゃないのかなぁ~?

どうして、建物が作り終わった直後に、
失敗だった的発言をするのか?
あれは、モノづくラーらしく、探究心と向上心を追求した
「失敗はあるけど、成功はない」な発想なのか?

あと、映画の中で建物の内部のシーンが異常に少なかった。
外観ばっかなんだもん
そんな風にして見るのは、オッサレ~な建築雑誌だけじゃ!
ぜひとも、使用者の意見が聞きたい~!
絶対、使いづらいはずだぁああ!(←ただの偏見)

ゼィぜぃ はぁはぁ。
疑問タラタラ。

しかし、フランク・ゲーリー先生は映画の最後に、こう言うた。
「光が反射して、外壁に移る瞬間が好きだ
 その瞬間が、一番うれしい。」

ギャーっ
やっぱ見た目かい?

もう、本当、かなわないですよ

その男、建築家じゃなくて、
フランク・ゲーリーにつき、赦す(何様?)


PS
ふと、自分の口癖って何かな~?って気になった。

自分では、挨拶代わりの「生きてる~?」と
適当な相槌に使う(でも適当ぶらない)「あ、いいじゃん!いいじゃん!」かな?と。

人に聞いたら、
「聞いて、聞いて!」と
「ねぇ、これ(この人)スゴくなぁい?」だった。

おもしれ~
ミーハーで適当で注目されたい私を表してやがる!

自分以外の人の口癖を考えるのも、おもしろい
やっぱ、それぞれを表してるわ。

即物的で単純な人は、食べ物とか天気、ブツについての言葉が多い。
中庸を心がける人は、お伺い発言多し。
(ヤバイ~、私、いけ好かない批評家チックじゃん!)

そして、同じ私の口癖でも、
聞く人によって違って、またまたおもしろい
改めて、関係性を表すよね♪
スポンサーサイト

2007/08/29 (Wed) 19:30
【適当学(水):第18回】 商売繁盛-ウチのお店にいらっしゃい-

まいど、おおきに、stoneです。


仙台には、仙台四郎という明治に実在した福の神がいます。

今回は、その仙台四郎の話です。


彼には知的障害があり、言葉はちゃんとしゃべれませんでしたが、いつもニコニコしていて、今の市街を中心に金品を恵んでもらいながら暮らしていました。

と、言うのも、彼が立ち寄ったお店は必ず商売繁盛するとされ、人々に愛でられていたと考えられます。また逆に、素直な性格から、気に入らない店には立ち寄らなかったようです。

コレは、非科学的にそういう人に長けると考えられる直感的な能力に起因するのかもしれませんね。だから、また逆に、優れたお店を彼は感じることが出来る。優れたお店というのは、モノを売る以前に、売る側は、その想いを売っている。だから、彼が訪れ、同じくして、繁盛する。それは当たり前のコトなのかもしれない、と私は思います。


さて、案外、知られていないコトですが、今に残る彼の姿は、「はみちん」です。


もう一度、言います、

「はみちん」です。


念のために、再度、言います、

「チンコがはみ出る、というか、むしろ、出ています」


お恥ずかしながら、私もこの街へ来て5年目、彼の存在は来た当初から知っていたのですが、今年になって、よしもとばななのエッセイ的な文章のあとがきの最後で初めて知りました。どうやら、相当、ご利益があるコトは事実です。

ベリーショーツ 54のスマイル短編 ベリーショーツ 54のスマイル短編
よしもとばなな (2006/11/01)
東京糸井重里事務所

この商品の詳細を見る


どうやら、彼のたった一枚だけ残る写真の股間部分に黒い影があり、それを陰嚢と解釈しているようです。だから、彼の正式な姿は、必ずはみ出ていなければなりません。だって、神様のイコンなので、それに違うモノは、異端ですから。

またコレは、ただの勢いの解釈ではなく、東北地方で根強い、「男根信仰」と結びついているという見方もあるようです。
※東北一大きな国立大学の宗教学科では、必ず「男根信仰」を学びますし、データベースも豊富です。

ちなみに、伊達政宗公の兜についているバナナ状の反ったアレは、伊達男と言えど、そのアレではありません(たぶん)。

ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド (2006/06/21)
ユニバーサルインターナショナル

この商品の詳細を見る


と、下半身の話に焦点がずれてしまいましたが、今回、言いたいのは、仙台四郎のような方が、活き活きと地域社会の中で、暮らしていけるような今は亡き適当なコミュニティーから、学ぶべきコトが多いように思います。

思い返せば、私が幼い頃、田舎の町では、まだ、そういう方が、地域社会の一員として、ちゃんと存在していたように思います。

ボランティアだ、福祉だ、なんだ、そんな形式ばったコトだけで、中身のない事柄よりも、ただ生きるコトにおいて、助け合いがあったな、と、仙台四郎の笑顔の奥に、失ったモノを思い起こさせてくれます。


<今週の1枚:祈り>
永らく休載されている[起業]のむーさんから頂きました。

inori

続きを読む »

2007/08/23 (Thu) 01:58
SO WHAT??? vol.16 -「rules of atraction」-

前回のブログで、
堅すぎる~!
真面目すぎる~!
もっとユルくていいじゃん!
とりあえず、やってみようよ♪

とか、また暑苦しく語ってたんだけどさ。
書き忘れたことがあったぜよ~
(こういう大事なとこが抜けてるのが私なんだぁ。。。)

それはね、ふてぶてしさが足りない~!

だってさぁ~、
送ってもらうのも、おごってもらうのも、
「なんか悪いし。。。
 だ、大丈夫です。」
って拒否るなんてさ!

もったいないぜ、ベイベ
そこは男を立てときましょうゼ♪
迷惑かけられるのが好きな方々もいるんだからさ☆

「だから何?」、「ありがとう」ってオレ様なノリが欲しいね
(ちなみに、私のブログ『SO WHAT?』は、常に更新停滞中…)

かわいいくて魅力的な女の子たちなんだからさ、
「わがままも、私の魅力で許させてみせるわ!」
ぐらい思ってほしいよ~

まぁ、こんなこと言うと、
また、私の浮きっぱなしDAYSの着地点が見えなくなっちゃうんだけど~

でも、ふてぶてしさも魅力になるかわいい女の子に、
世界はいつでもやさしいよ
これ、本当

かわいい女の子のわがままも許せない世界なんて、
鼻クソほど小さいと思わない?

2007/08/22 (Wed) 17:25
【適当学(水):FAC17】 工場の朝

残暑お見舞い申し上げます。stoneです。

先週は前触れもなくお休みして申し訳ありませんでした。その間、サマーソニック ゼロセブンに行ったり何なりとセンチメンタルな夏を満喫してきました。
(勿論、適当学者として招かれてきましたというコト、で?)


ところで、今回の適当学ですが、ライブレポは、どっか別のところで読んで頂ければ良しとして、奇しくもUK祭であった今回のサマソニの前日8月10日にお亡くなりになったMr.Manchesterトニー・ウイルソンの追悼でございます。
彼の創始した今は亡きFactory Recordsに敬意を表して、回数表記をファクトリー式にしてみました、第17回です。

誰、それ?

という方も、いらっしゃるかと思うので、まずは、彼自身が本を書き、それを原作にマイケル・ウインターボトムが映画を撮った「24アワー・パーティ・ピープル」など是非、ご覧下さい。

24アワー・パーティ・ピープル 24アワー・パーティ・ピープル
トニー ウィルソン (2003/02)
ソニーマガジンズ

この商品の詳細を見る


24アワー・パーティ・ピープル 24アワー・パーティ・ピープル
スティーヴ・クーガン (2003/09/05)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る


※以下、独断と偏見、更に、誤りも多々存在するか、と思いますのでご了承下さい。ご意見なども喜んでお受けします。


一言で言うと、トニー・ウイルソンは、大学卒業後、TVのインチキ・リポーターをつとめていたとき、マンチェスターで行われたSEX PISTOLSのライブに影響を受け、1978年にファクトリー・レコーズを創始。その後、伝説的なクラブ・ハシエンダを設立するなど、マンチェスターから発信するカルチャーで世界を席巻。しかし、1992年、財政難により破綻するも、現在の音楽シーンに与えた影響は大きい。
そして、BBCラジオ・マンチェスターのキャスターは彼の死の報道で「No Tony Wilson, No Manchester music scene(トニー・ウィルソンがいなければ、マンチェスターのミュージック・シーンはなかった)」とコメント。

実際、私にとっても、今現在、聴いている音楽の根底に流れるようなそんな大きな存在となっています。また、今現在の音楽シーンとしても、例えば、Arctic Monkeys、KASABIANらの新しいシーンの代表者を始め、極端には、underworld、chemical brothersすら存在し得なかったかもしれない。また、Stone RosesやPrimal Screamは、ファクトリーと同時代ながらも、これほどまで伝説化するコトもなかったかもしれないと思います。その他、90年代中盤のブリット・ポップも有り得ませんね。


以下、簡単な流れをpick upしながら、ファクトリーをざっと見ていきましょう。

まず、何と言っても、いきなりファクトリーを伝説化してしまった存在と言えば、初期の主要アーティストであった、JOY DIVISION。陰鬱な歌詞をパンクその後を感じさせる独自の音楽性(ポスト・パンクの旗手)で綴る彼らでしたが、たった2枚のアルバムを残し、1980年、カリスマであったvo.イアン・カーティスが急遽、謎の自殺を遂げる(現在に至るまで、その死はuntouchableなモノとして扱われる)。

クローサー クローサー
ジョイ・ディヴィジョン (2005/06/22)
ワーナーミュージック・ジャパン

この商品の詳細を見る


しかし、その哀しみを乗り越え、残されたメンバーは、New Orderを結成。ちなみに彼らの初期の代表曲「Blue Monday」は、イアン・カーティスの死(日曜の出来事だった)について歌われています。そして、新たに、ニュー・ウェーヴとしてのムーヴメントを引っ張っていきます。イギリス、ひいては世界のクラブ・カルチャーをその黎明期から現在まで支えてきた凄まじいバンドなのであります。
彼らは、紆余曲折を経ながらも、現在まで第一線で活動を続けているモノの、今、現在、メンバーの仲違いにより、解散/存続ははっきりしていません(後述↓↓)。

ウェイティング・フォー・ザ・サイレンズ・コール ウェイティング・フォー・ザ・サイレンズ・コール
ニュー・オーダー (2005/03/24)
ワーナーミュージック・ジャパン

この商品の詳細を見る


その後、80年代後半~90年代前半には、同じくマンチェスター出身のStone Rosesらと共に、ドラッグ・カルチャーに裏打ちされたサイケデリックなサウンドに、ロックとダンスを融合させ、シーンの主役をステージのパフォーマーから、フロアのオーディエンスに移行させたムーヴメント・マッドチェスター(mad+Manchester)を代表するレーベルとして君臨。大規模なレイヴを基調とする2nd Summer of Loveと相まって世界中を席巻する。

ザ・ストーン・ローゼズ ザ・ストーン・ローゼズ
ザ・ストーン・ローゼズ (2006/11/22)
BMG JAPAN

この商品の詳細を見る


この時、ファクトリーでは、ニュー・オーダーは勿論のコト、新たに時代を担ったHappy Mondaysを抱える。
が、御察知の通り、不謹慎にもバンド名に、イアンの死を受けたニュー・オーダーのBlue Mondayにちなんでいるコトからも伺い知れるように、どうしようもないウンコ集団で、たちまち、ドラッグに溺れ切り、ロクすっぽ曲を出さず、会社の金を浪費し続ける。

グレイテスト・ヒッツ グレイテスト・ヒッツ
ハッピー・マンデーズ (1999/07/28)
イーストウエスト・ジャパン
この商品の詳細を見る


このような状況化で、シーンを支えてきても決して経済的に豊かではなかったファクトリーの財政は壊滅し、1992年にはとうとう会社が破産。

この動きとして、商業化した大規模なレイブも息を潜め、奇しくも、それ以前にファクトリーが抱えていた、ハシエンダのようなクラブへと文化は帰っていくコトとなり、私の大好きなPrimal Screamを始め、グラスゴーを中心としたインディーバンドを抱えていた、アラン・マッギー率いるCreation Recordsへとその立場を引き渡すコトとなる(と、言うのは多少の飛躍もありますが、インディダンス~ブリットポップを握った佇まいからして、私はそう考えています)。

Creation Records: International Guardians of Rock & Roll 1983-1999 Creation Records: International Guardians of Rock & Roll 1983-1999
Various Artists (2000/10/09)
Sony Music TV
この商品の詳細を見る


マッドチェスター以降の音楽シーンは、90年代中盤に差し掛かるまで、USのNIRVANA、Smashing Pumpkinsに代表される硬派なグランジ・ムーヴメントに取って代わられます。

ネヴァーマインド ネヴァーマインド
ニルヴァーナ (2006/05/17)
ユニバーサルインターナショナル

この商品の詳細を見る


しかし、ニルバーナのカート・コバーンのこれまた謎の自殺以後、アンダーグラウンドで着実に音を潜めていた、UKの音楽が華やかさを持って、表舞台に噴出し、OASIS、blurを筆頭に、90年代中盤のBrit-Popを形成し、当時のブレア首相も巻き込んだ一大ムーヴメントとなります。しかし、単調なギターポップの攻勢は短期間で行き詰まり、多くのバンドが消滅してしまいます。
(※ちなみに、この頃、日本では小室哲也が全盛で、レイブ、レイブとのたまっており、直接的ではないにしろ、音楽プロデューサーとしても、レーベルを抱えるなど、トニー・ウイルソンの功績は関係している、というコトにしておこう。)

モーニング・グローリー モーニング・グローリー
オアシス (1995/10/10)
ソニーミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る


そして、その後、シンプルなバンドサウンドへの反動か、エレクトロニクスとロックが再度、高度な融合を見せ、様々な音楽がクラブシーンをはみ出ていく。

そんな中、今、現在、ニューレイヴなどと言われるコトもあるように、ファクトリーの息子~孫といった世代が、軽快な踊れるロックを掻き鳴らしています。先のサマソニはまさに、そういうアーティストの饗宴だったと言えると思います。その前日に、死んでいった彼に、どうしても、想いを馳せてしまいます。

エンパイア エンパイア
カサビアン (2006/09/06)
BMG JAPAN

この商品の詳細を見る


また、奇しくも、ニュー・オーダーのピーター・フックは脱退=解散を表明しており、残る2人は、存続を主張し、揉めに揉めている今日この頃です。サマソニにも、ピーター・フックはDJとして来日しており、丁度、ハシエンダのRemixを出したばかりの彼は、夜を徹して、トニーを偲んだのではないかと思います。

THE HACIENDA CLASSICS VOL.1 compiled by PETER HOOK THE HACIENDA CLASSICS VOL.1 compiled by PETER HOOK
オムニバス (2007/07/18)
DefSTAR RECORDS

この商品の詳細を見る



現在のUKの音楽シーンを発端として、ファクトリーに再度、注目が向かっているのと、ニュー・オーダーの解散/存続騒動の真っ只中のトニー・ウイルソンの死はなんとも感慨深く感じます。

賛否両論分かれる人物ではありますが、私には影響深い人物です。彼がいなければ、今の私はなかったと言い切れます。

トニー・ウイルソン氏のご冥福を心からお祈りいたします。

さあ、彼のために、みんなで朝まで踊りますか、


<今週の1枚:STS by PSJ>

ちなみに、staff T-shirtまで、Paul Smith Jeans from UKなのです。

SSS

続きを読む »

2007/08/16 (Thu) 01:55
SO WHAT??? vol.15 -私は命令されるのが大嫌い-

おなごよ!
オジサンをオジサンってだけで、
嫌がっちゃダメだぁああああああ

じゃ~なくて、本当に言いたいのは、
堅すぎる~
真面目すぎる~
ちったぁ、ユルくていいじゃん?

「年上の人に誘われたんですけど、
 オジサンだし(って言っても30前だぜ?)
 ……行きたいけど、でも。。。。
 ど、どぼすればいいですか~?」って!

行きたいんなら、行きゃあいいじゃん?
そんな、いきなり寝るわけでもないしさ
ゴハン食べさせてもらって、ラブリーに会話を楽しめばいいじゃん

ついでに、「実験」のお相手になってもらったり
日常生活でも、私はついつい仕掛けてしまうんだよね。
そんで、どんな反応するんだろうなぁ~?とか。
あと、その反応をからかってみたり、わざと無視してみたり☆
で、またどんな反応するんだろうなぁ~?ってね。
あぁ、私の好奇心ってやっかいで頼もしすぎ、うふ
しかも、後でネタになるしね♪
永遠なれ、マイ・キュリアス

ぎゃ~、なんだか話題が逸れちゃった!
閑話休題。

最近、ひとと話してて「真面目すぎる~」って感じることが多くてさ。
そりゃあ、人生に対してシリアスなのはすごくいいことだと思う。
(っていうか、そうじゃないひとって魅力的じゃないよね?)
でもね、恐がって、固くなっちゃてるのは絶対に損してるって!
自分の人生や選択肢を狭めてるよ!

オジサンだからっていう理由で、始めからナシにしちゃうなんて!
もしかしたら、着心地抜群のTシャツみたいなひとかもしれないし、
ベルベットみたいに贅沢な気持ちを味あわせてくれるひとかもしれない。

でも、それって一歩踏み出してみて、
行動してみて、初めてわかることだよね。

つまんない先入観や常識に囚われるなんて、もったいない!
自分から狭めて、どうすんのさ!

私は、自分の五感で感じたものを信じて、
「とりあえず、やってみよう♪」って、
ユル~く、ひとも社会も受け入れたいね

だって、私は選びたいんだもん
(キレイなのも汚いのも含めて)

2007/08/15 (Wed) 12:34
【適当学(水):休載】

今週の適当学はお休みを頂きます。
今後ともごひいきのほど宜しくお願い申し上げます

2007/08/12 (Sun) 03:48
こんしゅうのおすすめ

暦の上ではもう秋のはずなのですが、、、
暑いですね~。
梅雨明けが遅かったせいか、
お盆に突入したのに最高気温は日々上がり続ける一方。

連日続く猛暑日のせいで、
脳みそまで溶けちゃいそうです。

さて今週は、
そんな暑さに負けず劣らずの
むさくるしい音楽を紹介します。
(結局また音楽です。。)

「毒をもって毒を制する」
ではないですが、
暑さに打ち勝つために
あえて熱い音楽を聴いて、
夏を乗り切りましょう!!!

Meltdown Meltdown
Ash (2004/05/17)
Infectious
この商品の詳細を見る

タイトルからして暑苦しいですねぇ。イギリスのAshというバンドの4thアルバムです。AshはASIAN KUNG-FU GENERATIONら日本のギターロック・バンドに大きな影響を与えたバンドの一つです。
このアルバムはアレンジの方針を変え、前3作と違ってゴリゴリなリフで押しまくるヘヴィな仕上がりになっていますね。

New Music Machine Extended Play!!! New Music Machine Extended Play!!!
BANDWAGON (2005/01/19)
LASTRUM

この商品の詳細を見る

横浜を拠点に活動するBandwagonのミニアルバム。超かっこいいっす!!!この人たちは。エモやポスト・ハードコアとして括られることが多いようですが、それら以外にもソウルやファンクといった黒人音楽、民族音楽を飲み込んだ独自の音を鳴らしています。卓越した演奏技術と、緻密なアレンジ、複雑な曲の構成の三要素を兼ね備えたインディー屈指の実力派です。3曲目と4曲目(The clashの名曲Rock the casbahのカバー)が特におススメ。

ジョイは危険予知。 ジョイは危険予知。
joy (2005/04/20)
バウンディ

この商品の詳細を見る

ジョイは危険予知/JOY
今年、惜しくも解散してしまった新潟のパンク・バンドJOYのアルバム。パンクを軸にロックンロール、ニューウェーブ。 怪しげな日本語詩を敵に襲い掛かる時の犬の雄たけびのような声で歌うボーカル、タイトで凶暴なリズム隊、絡み合う金属的なツインギター、全ての音がかっこいいです。中でもブンブン暴れまわるベースラインは激アツ。thee michelle gun elephantが好きな人ははまるかも。おススメは5曲目の「最終兵器が僕を待つ」

ではまた来週。

2007/08/09 (Thu) 01:49
SO WHAT??? vol.14 -英語でしゃべらナイト&デイ sometimesはね♪-

へロー、えぶりばでぃ
今日もトゥギャザーしたぁ~?

って、いきなり芸風変わって、ごめんあそばせ
実は、私、英語の勉強を今更ながら始めましたの♪

だってさぁ、中国のDVDを英語字幕(日本語字幕はねぇ!)で見てたら、
………?????
ちんぷんかんぷん、わかんねぇんだYO!

この映画見て、昔は
「べりぃシンプルなイングリッシュねぇ~、ア~ハン」
とか、のたまってたのにぃいい

外国でアルコールを扱う資格を、英語で取ったのにぃ~
(と言っても、おじさんにヘルプしてもらったけど。)

それが、それが、この体たらく。。。
「まさに、OH MY GOSHって感じぃ~?」
って、にわかルーになっちゃうくらい衝撃を受けた

これからも外国に行く予定だし(希望も込めて♪)、
仕事で使わなくても(でも、取材で外国に行ったりもするらしい…)、
バーで楽しめるくらいには、英語を使えなくっちゃ♪

しか~し、私、勉強、好みじゃないんだYO!
椅子にずっと座るとお尻は痛くなるしぃ~
教科書は頭痛くなるぅ~

STUDY MAKES ME MAD

ってことで、家族相手に無理やり英語で話してるのん☆
「ハァイ、セクシー」
「サンキュー、ゴージャス」
とかおだてながら、家族にも強制的に英語で話させてる、るん♪

家族なら恥ずかしくないし、他の人から白い目で見られることもないでしょ?
妹ももうそろそろ外国行くし、オールOK牧場さ

これで、しゃべりをカバー(?)して、
海外ドラマを繰り返し見まくって、リスニング&単語を鍛えてるん
字幕を日本語&英語で見るのがポイントさっ!

これで、教科書には載ってない生きた(!)英語を学べるってわけ
いかにも、バーで使えそうでしょ?

おかげさまで、
「ビビっときた」も英語で言えるよ。
「ザー・ザー・ズー」ってね。
スペル、知らないけど


PS
お察しの通り、読み&書きはしてない現場系です

話がちょっとズレるけど…
英語が話せなくて、もちろん私も歯噛みした。

「どうして通じないんだよぉおお
 言葉が違うだけなのに、心で分かり合えるはずじゃん!」って。

その時は、ムカついただけだったけど、
今は、言葉を失くしたら、自分自身も失うんじゃないのかなぁって。
コミュニケーションは容易じゃないし、自分を定義するものもない。

「人はみんな裸で生きてる。」って言うけど、
裸じゃ生きられないんじゃない?

「もう、パンツは履かない!」なんて言えるのは、
カツシンくらいでしょ?
(って話が違うかぁ。。。)

2007/08/08 (Wed) 23:00
【適当学(水):第16回】カレーの歌

“さようなら愛してる
 これからもきっと
 忘れない? 忘れるよ
 これからもずっと

 カレーの香りは君と同じで
 やさしくて小さくて忘れてしまいそう”(カレーの歌/くるり)


どうも、

岸田ではなく、stoneです。

センチメンタルな夏本番ですね。

そんな訳で、さっき、dinnerにインド・カリーを食してきました。

いきなりですが、適当学者は、カレーを極めている人が多いように思います。

例えば、素敵なcafeなどでも、カレーが登場するコトは良くあります。

東京カリー番長なんかも非常に頑張っていると思います。

元々、本場のカリーは、他の料理とは違い、何だか体に良さそうなスパイスを取り合えず入れとくか、みたいなすこぶる適当学的に素晴らしい食べ物であったように思います。


さて、ご自分でカレーを作るときのこだわりなどはありますでしょうか?私は未熟者なので、ルーで作ってしまいますが、必ず2種類のルーを混ぜ合わせるようにしています。そうするコトで、オリジナルの深い味わいになります。また、トマトをふんだんに使用します。そんな感じですかね。独り暮らしなので作るときはアホ程作っておいて、なくなるまで永遠に食べ続けます。

適当学では、毎日食っても飽きませんね。


※冒頭の曲は、くるりのTEAM ROCKに収録されている名曲です。この曲を聴くと、ふと誰か想い出すコトなどあるかもしれません。

TEAM ROCK TEAM ROCK
くるり (2001/02/21)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る



<今週の1枚:鳩と変態>

hentai

2007/08/02 (Thu) 00:02
SO WHAT??? vol.13 -Can you hear my radio?-

ラジオに出るど~
インターネットで聞けるど~

今日だど~

みんな、見るんだど~

私はしゃべりながら飲むど~
きき酒大会だぁああああ
酒伝説もしゃべっちゃうよぉおお

もう、見るしかないね


☆詳細
「宮城大生によるインターネットラジオ」
8月2日3日、6日の期間「第一回夜空のコンサートinあらまち」に合わせ、
荒町商店街をPRするインターネット放送を宮城大学の学生が行います。
時間帯は12:00~16:00です。

放送は、ラジオ3のHP、インターネットラジオのコーナーから聞くことができます。
荒町のいきいきとした人々のお話をお楽しみください。
ラジオ3HP:http://www.radio3.jp/index2.html

あ、「OH!バンです」にも出るからチェキラっチョ


PS(長いけど…)
変態なのか、天才なのか、よう分からんけど、
(私は両方だって信じてるん♪)
アンタの映画はやっぱ、最高におもしろいよ

つうわけで、
「異常天才」キム・ギドクの映画「絶対の愛」を観てきたぁああ
公式HP:http://zettai-love.com/

ーあらすじー
「永遠に愛しあいたいのに。
 時がたつにつれ、彼は私に飽きてしまうかもしれない。
 私の顔に、私の容姿に、飽きてしまう…」
愛の不安から、整形にふみきり、自分の顔をつくりかえる女。
やがて新しい顔になった彼女は、恋人の前にあらわれる。
真実を知らず、彼女を愛しはじめる男。
しかし、その真実を知った時、彼がとった行動とは…?!

んなわけねぇえだろう?
愛ゆえに、トンデモ行動に出る主人公がかなり笑える。
純粋すぎる人を見ると怖くなるじゃん?
それを通り越して、笑いの域に入っちまうんだYO!
(『純粋すぎる人を怖く思うのは、
 純粋でいたいという願いを捨てきれないからだ。』ギドク談)

愛すれば愛するほど、
周りからかなり浮いちゃう女とそれに応えようとする男。

でも、時間の流れには逆らえないし、人は変わっていくものだよね。
しかも、男には狩猟&愛の種まき願望が本能的に備わってるし!

それでも、抵抗し続ける主人公たちが必死すぎて、可笑しい。
のに、段々、悲しくなっていく。

「純粋すぎる物質は、その純粋さゆえに脆すぎて、すぐに壊れてしまう。
 不純物が混じっている物質の方が、存在し続けられる。」
っていう理科のお話を思い出しちゃった~

決して地上には降り立たない、存在できない「絶対の愛」。
絶対に無理なのに、恋愛の一回性を願う二人が滑稽で痛い。

純度100%のスーパー・ギドク・ラブストーリーの前では、
普段、私たちが愛と呼んでいるモノがチャラッチャーっとお軽く見えるぜ。(それか、即物的な欲望の事象に)

「冬ソナ」や「猟奇的な彼女」なんて、しゃらくせぇい!
世間がなんだ!
人の目がなんだ!
みっともないがなんだよ!
普通ってなんだよ?!
愛ってなんだよ?!
自分ってなんだよ?!
ってギドクの叫びが聞こえそう
(変態ってやっぱり、周りから理解されないのね。。。)

でもねぇ、「絶対の愛」なんて映画の中だけの話にしてほしいよ、マジで。
特盛り&つゆだくって感じで、胃もたれがするぜ。
変化しまくりのこの時代には、
ファストフードよろしくfast loveが合ってるもん!
なんて思う私は、やっぱり不純物高めな物質なのかなぁ。。。


最後に、ギドクさんのお言葉を
『本能的な欲望とは、変化を求めるもの。
 人間とは、流れゆく時に耐えるもの。
 愛とは、繰り返される日々に変化を見いだそうとすること。
 人生とは、流れゆく時の中に永遠などないと悟ること。
 ここにお互いを激しく愛する恋人たちがいる。
 長い関係でもその愛は廃れず、胸の高鳴り、相性、情熱、そして思慕は変わらない。
 私は彼らに問いを投げかけた。非常に不条理な問いを。』

2007/08/01 (Wed) 23:29
【適当学(水):第15回】街はビールの泡でつつまれる

どうやら夏ですね。

お陰さまで、毎日がBEER祭のstoneです。最早、個人的にBEER会社から協賛でも欲しい感じですね。

夏と言えば、ビアガーデンの季節でもあります。自然の中で飲むビールも格別ですが、都会の喧騒の中、ビルの屋上で風に吹かれてわいわいやるのも良いですね。街が、そして、都会の空が少し、好きになるかもしれません。

また、少しでもビールが飲める方は、是非、ビール工場直営店で、新鮮なビールを飲んでみるコトをお勧めします。実は、私もお酒を嗜み始めた当初、一度、飲み過ぎて、ビールから遠ざかってしまったのですが、ビール園の新鮮なビールで、高らかに復活しました。思えば、飲み過ぎたのは発泡酒でしたしね。

jing


sapporo


さて、適当学的には、ビールは何ともマジカルな飲料だなあ、と思います。

ビールの世界にも勿論、ピンからキリまであって、個人的には一本2,500円くらいのモノまで飲んだコトがありますが、ある程度のクオリティーのモノなら数百円で飲めてしまいます。しかも、プレミアムと銘打つモノまで、そんじょそこらのコンビニで買えてしまいます。コレも素敵なコトです。逆にワインなどですと、そうもいきません。コンビニ、スーパーだとどう頑張っても、三流以下に甘んじてしまいます。ところがどっこい、ビールならちょっと贅沢なビールでも(ある程度)気軽に手に入ります。だから、ビールの廉価版としての発泡酒なんてやめて欲しいな、と私は思います。発泡酒は発泡酒として独自の味を追求すればよいのに…。

実は、私の好きなヒュールガルデンなんかは、日本では発泡酒として扱われます。でも、それなりの値段ですが…。

berg


ビールは本当に世界各国で生産されており、地域によって非常に特色があって楽しいモノです。普段、見かけないそういうビールがあるとかなり盛り上がってしまいますね。上がヴェトナムビールの1つで、下がタイですかね。

vet


thai


さて、私は、ちんけな飲み放題などに行っても、大概はビールを飲むようにしています。中には、たまにちゃんとしたモノを作っているところもありますが、カクテルなどだと、どうせ添加物カクテルもどきを飲ませられるだけなので、お店には喜ばしい客ではないですが、ビールを飲んでる方が美味いし得な気がしてしまいます。まあ、お腹が膨れてきたら、そうはいかないので、原酒のしっかりしたモノに移行しますが…。

何はともあれ、ビールは適当学としては、オイシイ飲み物です。


<今週の1枚:金部で300円>

kinbu

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。