プロフィール

Author:barunballoon
バルン・バルーンは、仙台に住む学生や社会人が、今話題になっているトピックを、若者の視点から、わかりやすく、日替わりでお届けするブログです。

[月]ムービー
[火]投資
[水]適当学
[木]オレ様
[金]フードビジネス
・・・・コミュニケーション
[土]書評
[日]スポーツ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/14 (Wed) 23:45
【適当学(水):第28回】 学くん

どうも、stoneです。

もう街は、徐々にクリスマスのイルミネーションのラプソディな感じですね。

そして、個人的には全く興味がないのですが、さらにその先のNHK紅白歌合戦の司会が決まりました。
何故か赤組にお馴染みの中居くん、そして、方や白組はというと、下馬評を完全に無視して、あろうコトか、笑福亭鶴瓶氏に決定してしまいました。

TVにて数々の伝説を残す鶴瓶氏が、日本の公共放送局の締めを飾るというのは大変熱いコトだと思いました。

少し前、深夜にぼんやりとトーク番組を観ていたところ、彼がフリートークで飛び跳ねた瞬間に、偶然、パンツがすっぽりとずり落ち、下着が丸出しになりました。まさか、と思って、驚きと笑いが止まりませんでした。彼には、下半身の神様が宿っているに違いありません。しかも、20年ほど出禁になっていた放送局系の番組だったので、そのミラクル具合に感動していました。

かつてはアフロにオーバーオールというサイケデリックフォークなスタイルのファンキーな存在であり、また今の今に至るまで、下半身トラブルの逸話の耐えないパンクな精神を剥き出しという、一歩間違えば、アンダーグラウンドに貶められてしまうところが、彼の持ち前の憎めなさは天才的ですね。

こうして、延々と表舞台で幅広くやられているのですから、実力や運も含めて優れた話家さんなのだろうと思います。

という訳で、今回はこの辺で。


<今週の1枚:ポストロック>

postrock

スポンサーサイト

<< 【適当学(水):第29回】 ヴァン・ド・プリムール | ホーム | 【適当学(水):第27回】 BUKOWSKI×CHINASKI >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。