プロフィール

barunballoon

Author:barunballoon
バルン・バルーンは、仙台に住む学生や社会人が、今話題になっているトピックを、若者の視点から、わかりやすく、日替わりでお届けするブログです。

[月]ムービー
[火]投資
[水]適当学
[木]オレ様
[金]フードビジネス
・・・・コミュニケーション
[土]書評
[日]スポーツ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/05/05 (Sat) 23:20
投資信託概要

〇投資信託とは
 投資信託とは、簡単に言えば、たくさんの人々から集めたお金を一つにまとめて、それを株式や債券などに投資し、収益をあげていくことを目的とした仕組みです。
 株式や債券は値上がりを期待できますが、一方で値下がりのリスクもあります。そこで投資信託では、多くの投資家の資金をまとめて大きなファンドを作り、そのファンドで数多くの株式や債券などに投資します。こうすることで、投資のリスクを少なくすることができます。
 投資信託では投資対象の選択をプロのファンドマネジャー(投資運用の専門家)が行います。
 投資信託は、少額のお金でも大資産の投資と同様、たくさんの投資対象に分散投資ができ、投資の専門家のサービスを受けられる仕組みなのです。
 「投資信託はあらゆる投資家のニーズに応えられる商品である」と欧米でいわれています。日本でも、さまざまな投資目的をもったファンドが提供されています。値上り益を追求する株式ファンド、1つのファンドの中で資産分散を図るバランスファンド、安定した利回りを重視する公社債型のファンドなどがあり、また、積極的な投資家向きには、海外の新興国に投資するファンドや、オプションや先物などデリバティブに投資するファンドもあります。

point!
・投資信託はたくさんの人々から集めたお金を一つにまとめて投資を行う仕組み。
・多くの投資家の資金をまとめて大きなファンドを作り、分散投資を行うことにより、リスクを分散。
・投資信託では投資対象の選択をプロが行う。

〇3つの手数料
・販売手数料
 投資家がファンドを購入する時に直接負担する費用です。

・信託報酬
信託報酬はファンドの運営を行うにあたって、各関係会社(投信会社、受託銀行、販売会社)が受取る報酬です。
 ■ 投信会社 … 運用に対する報酬
 ■ 受託銀行 … 保管・管理に対する報酬
 ■ 販売会社 … 代行業務に対する報酬

・信託財産留保額
 投資家がファンドを解約する際のペナルティーとして徴収される費用です。ファンドの解約に対して運用会社は、株式や債券を売却する費用がかかります。その分を解約者に負担してもらい、残存の投資家との公平性をはかることを目的としています。


現在は、ノーロード投信といって、販売手数料が無料の投資信託が販売されています。主にオンライン証券会社で取り扱われています。

次回からは、具体的な選び方、リスク軽減のための投資の方法を考えていくことにいたしましょう。
スポンサーサイト

<< 今、クラシコのホイッスルが鳴る | ホーム | 好きな食べ物 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。