FC2ブログ

プロフィール

barunballoon

Author:barunballoon
バルン・バルーンは、仙台に住む学生や社会人が、今話題になっているトピックを、若者の視点から、わかりやすく、日替わりでお届けするブログです。

[月]ムービー
[火]投資
[水]適当学
[木]オレ様
[金]フードビジネス
・・・・コミュニケーション
[土]書評
[日]スポーツ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/06 (Wed) 12:34
【適当学(水):第7回】アペリティフの日

どうもボンジュール。stoneです。もう今年も早いモノで6月になりました。そろそろ折り返し地点が目前ですね…私にとっては、Birthday Monthでもあります…(激汗)

さて、明日は、6月の第1週木曜日です。一体、何の日でしょうか?おわかりになりますか?

そう、少しフレンチにお詳しい方ですと、ご存知の方も多いと思いますが、「アペリティフの日」なんですね。

そもそも、「アペリティフ」とは「食前酒」の意味で、それが転じて、食事の前のひと時を、大切な仲間と楽しもう、というフランス発のイベントです。まさに、食とライフスタイルが密接に結びつく、フランスらしい発想ですね。

それが、今年は6月7日。世界中で美味しい催しが沢山、執り行われます。

ちなみに、六本木ヒルズでは、食のトップが集まる年に一度の盛大な催しがなされるようです。もう、チケットなんかも完売してしまったそうですよー。

このように日本だと、どうしてもセレブ向けの趣向になっている感もありますが、本来は、老若男女問わず、いつもとはちょっと違う気分で、キラキラ、誰もが楽しめる時間にしていきたいモノです。

フランスなど南欧の方では、何よりも大切な食生活の中に、その場の雰囲気を楽しむコトまでが含まれるように感じます。近頃は、「LOHAS」や「スローフード」と相まって、そういったライフスタイルが日本でも提唱されてきていますが、ヨーロッパの方では、当たり前の感覚なんだと思います。お金ではなく、気持ちの上で心地良い暮らしの余裕が大切ですね。「ファーストフード」に侵食された日本は、落ち着きを獲得する必要があるようにつくづく思います。適当学の目指すところは、まさにそういったところです。

と、偉そうなコトを言ってますが、月曜のチーズのお教室でその日の存在を教えていただきました…。


さてさて、7日(木)の「アペリティフの日」ですが、今、私が住む仙台では、なかなかそういったイベントが表立ってきません。そこで今回は特別に「アペリティフの日」を十二分に楽しむコトのできるお店をご紹介しておきます。私も日頃からお世話になっているお店なので、手前味噌というよりは、絶大な信頼の元、オススメいたします(笑)

「Fromagerie&café Au Bons Ferments-チーズショップ&カフェ オーボンフェルマン-」

18:00-24:00まで、
お一人さま ¥1,380で前菜盛合せ&食前酒が楽しめる、
とのコト
MAP

区役所の真裏、赤い庇が目印です。


天気が良いとイイですね。


<今週の1枚:ツナガルオハナミ food by ABF>
お花見で特注したチーズ盛り合わせです。参考までに。

ohanamiset_abf
スポンサーサイト

<< SO WHAT??? vol.7 I can believe the fairy tale. | ホーム | アクティブ運用 - 国内株式Ⅲ >>

コメント

これがうわさのチーズですね。

アペの日には、急なお呼び立てにお越し頂いてどうもです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。