プロフィール

barunballoon

Author:barunballoon
バルン・バルーンは、仙台に住む学生や社会人が、今話題になっているトピックを、若者の視点から、わかりやすく、日替わりでお届けするブログです。

[月]ムービー
[火]投資
[水]適当学
[木]オレ様
[金]フードビジネス
・・・・コミュニケーション
[土]書評
[日]スポーツ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/04/28 (Sat) 00:15
フードビジネスとは言ったものの。。

みなさまこんばんわ。

金曜日担当マッキーさんです。

社会人2年目にしてひょんなことからフードビジネスに
多方面から関わることになってしまいました。

実は本人は食に関しては全然詳しくありません。

そんな人間がこれから「食」に関わっていこうというのだから
さぁ大変です。

どこから手をつけて良いのやら皆目見当がつきません。

毎日朝・昼・晩と3食きっちり食べている、
おまけに間食もたくさんします。

でも食べるってことを意識したことって
あんまりないんですよね。

若い人は特にそうなんじゃないかなぁ。

偏見ですかね?

ところがある程度年を取ってくると
不思議なことに食べることの比重というか、
重みが増してくるんですね。

思春期に異性を意識し始めるように
食べることに意識が向くようになるんです。

どんなものを食べたか?
ということを自然と話すようになります。

「食」が話題の中心にのぼってくるわけです。

その段階になってようやく
「食べ物に興味がない人ってほとんどいない」
ということに気づきます。

相手がどんな食べ物を好きなのか知ることは
相手を知ることになります。

「食」は世界共通の言語です。

試しに外国人になったつもりで
見知らぬ人に話しかけてみてください

ボブ「アイ ライク イート スシィ~!」

たけし「ミートゥ!!」

これで一発で仲良くなれます。


話がそれましたが、
「食べる」ということには
人と人とをつなぐ力がある。

そう気付きました。

じゃあ「食べる」ことを中心に
人と人がつながる仕組みを作れたら
面白いじゃん。

そう考えてたらいつのまにか
フードビジネスに首を突っ込むことになりました。

人生って面白いですね。

今日はこの辺にしときます。

次回から何を書いていくかも
全く決まっていませんが
若者なりの等身大の視線で
食べ物とそれを取り巻く環境について
語っていこうと思います。

さてどうなることやら。。





















スポンサーサイト

<< 投資コトハジメ。 | ホーム | SO WHAT??? >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。