プロフィール

barunballoon

Author:barunballoon
バルン・バルーンは、仙台に住む学生や社会人が、今話題になっているトピックを、若者の視点から、わかりやすく、日替わりでお届けするブログです。

[月]ムービー
[火]投資
[水]適当学
[木]オレ様
[金]フードビジネス
・・・・コミュニケーション
[土]書評
[日]スポーツ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/12 (Tue) 23:57
国内債券

どうもyosiです。

本日より、国内の債券について考えましょう。

結論、国債。以上。



・・・・だけで十分です。
国債以外の債券は流動性(途中で換金するとか)が極端に悪いものが多く、また、複雑な仕組み債(大抵の場合、知識の無い個人にのみ売りつけられる不利な債券)等に手を出してはいけません。

これは、多くのエコノミストが言っていることです。


さて、国債を買うとなると、個人向け国債ですが、
固定金利のものと、
変動金利のものがあります。

これに対する解も簡単で、
発行時の金利水準が高ければ、固定金利。
低ければ、将来上がることを見越して、変動金利。


と言ったところでしょうか。


国内債券の特徴は、元本保証であることと、利回りが低いことです。
ただ、うまく使えると、防波堤の役割をしてくれます。
スポンサーサイト

<< 【適当学(水):第8回】アジアの純真 | ホーム | 拠点としてのWEBサイト >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


個人向け国債

個人向け国債国債(こくさい)は国が発行する債券で。国の運営に必要な資金を集めるために発行される。国債は発行時に償還期限と利率が定められており、購入者はこれに応じた利息を受け取ることができる。償還期限を迎えると、元金である国債の発行時の金


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。