プロフィール

barunballoon

Author:barunballoon
バルン・バルーンは、仙台に住む学生や社会人が、今話題になっているトピックを、若者の視点から、わかりやすく、日替わりでお届けするブログです。

[月]ムービー
[火]投資
[水]適当学
[木]オレ様
[金]フードビジネス
・・・・コミュニケーション
[土]書評
[日]スポーツ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/26 (Tue) 16:02
外国株式Ⅰ - 全般について

どうもyosiです。

外国株式について考える前に、全体を俯瞰してみましょう。

大きく分けて、2種類の国に投資することになると思います。
先進国と新興国です。

先進国については日本と同じ投資スタンスが良いと思われます。
インデックス投資かバリュー株投資ですね。

新興国についてはさまざまありますが、
一般的にアクティブ運用が良いと思われます。

それは、新興国の情報は即座にいきわたるわけではなく(これは、国内にお金があまり無く、外国からの投資が主体になっているからだとお思われます)、それによって全ての投資家が効率的な行動を取るわけではないからです。

つまり、その国々の運用に強い投資信託会社を選べばよい、ということになります。

※参考までに、新興国をざっと挙げてみると、
・インド
・中国
・ロシア
・東欧諸国
・ブラジル
・ラテンアメリカ諸国

・韓国

と言った感じです。
韓国は新興国かどうか微妙ですがね。

次回は、先進国のファンドを見ていきましょう。
スポンサーサイト

<< 【適当学(水):第10回】Deca-Dance | ホーム | 久々の快勝 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。