プロフィール

barunballoon

Author:barunballoon
バルン・バルーンは、仙台に住む学生や社会人が、今話題になっているトピックを、若者の視点から、わかりやすく、日替わりでお届けするブログです。

[月]ムービー
[火]投資
[水]適当学
[木]オレ様
[金]フードビジネス
・・・・コミュニケーション
[土]書評
[日]スポーツ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/07/07 (Sat) 01:04
食べるを考える その7

コンバンワ。マッキーです。

相変わらずマイペースです。

今回の食べるを考えるでは
「食べ物のリスク」について考えてみようと思います。

生活習慣病が現代人の主要な死因であることからもわかるように
私たちの食生活が健康に与える影響には非常に大きいものがあります。

にもかかわらず食べ物についてのリスクについて
私たちはあまり関心を払っていなかったように思います。

食べることにリスクがあるなんて!

とびっくりする方もいるかもしれません。

せいぜいカップラーメンを食べ過ぎたり
外食ばっかりだと栄養が偏るので
なるべく野菜を摂取するようにとか
一日30品目食べるようにしましょうとか
栄養バランスについては少しばかり注意を払っているかも知れません。

空腹が満たされればそれでいいやという人も
けっこう多いのではないでしょうか?

しかしながら最近の食品業界の食べ物の扱い方を見るにつけ
「ちょっとこんなんでいいの?」
と危機感が高まってきます。

問題なのはこれらのリスクを負っていることを
消費者が気づいていないということです。

タバコを吸えば肺がんのリスクが高まることは
現在では常識になっていますが
添加物を多く摂取することが
アレルギーやアトピーに関係しているという
因果関係はまだ証明されていません。

とはいえリスクが証明されていないからといって
安全だと決まったわけではないということです。

最近動脈硬化や心臓病のリスクがあるとの指摘があり
ニューヨークで市内のレストランにおけるトランス脂肪酸
の使用を全面的に禁止するという措置がとられました。

トランス脂肪酸はマーガリンや食用油に含まれているは私たちにも身近な物質です。

しかし現時点において日本におけるトランス脂肪酸の表示義務は
ないとのことです。

ということは法的な表示義務や規制措置が採られるまでは
このようなリスクに対する対策を自分たち自身で行わなければ
ならないということです。

日常においてどのような食べ物を選ぶかという判断や
食べ物に対する姿勢そのものが問われているということです。

現在では食品公害という言葉も使われるほど
保存料や着色料や添加物がそれはもうたっぷりと
使われているのが食品の流通の現状です。

しかしながらそのような食品製造の現場を
多くの消費者は知らないままです。

現在の食品製造の現状を知り
そのうえで判断し、行動する
「賢い消費者」が増え、
リスクに対する考え方が広まれば
添加物の含有量などの表示義務や
法的規制も迅速に行われるはずです。

というわけで
「楽しく・おいしく」
食について学ぶ機会が作れないか?
というのが最近の課題です。

おっ、ようやくフードビジネスらしくなってきた。























スポンサーサイト

<< 動画共有サイト | ホーム | SO WHAT??? vol.11 Dont call him boggy. >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。