プロフィール

barunballoon

Author:barunballoon
バルン・バルーンは、仙台に住む学生や社会人が、今話題になっているトピックを、若者の視点から、わかりやすく、日替わりでお届けするブログです。

[月]ムービー
[火]投資
[水]適当学
[木]オレ様
[金]フードビジネス
・・・・コミュニケーション
[土]書評
[日]スポーツ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/07/10 (Tue) 01:31
動画共有サイト

こんにちは、ムービーとビジネスのケーシです。

なにやら蒸し暑い季節になって、いよいよ快適には過ごしにくくなってきました。
それでも仙台は他の都市と比べると涼しいので、いいほうですかね(笑)

さて、今日は動画共有サイトについて少しお話します。

みなさん、動画共有サイトと聞くと何を思い浮かべますか?
やっぱりyoutubeですよね。世界最大規模の動画共有サイトですもんね。

youtubeには一日あたり、なんと 人ものユーザーがアクセスしてます。
さすがとしか言い様がありませんね。
さらに日本で一番人気のある動画は、今までに 回も見られています。

これだけの規模だったらさぞかし儲かってることだろうと思いきやyoutube単独では、なんと年間 億の赤字なんです。

これ、意外じゃありませんか?

実は動画共有サイトというのは、大量の動画データをユーザーとやり取りしているため、半端ない量の運営コストがかかってしますんです。
一方、収入はというと、考えられる収益モデルはmixiと同じように広告とプレミアムサービスぐらいで、目立った収益源はありません。

そのため収入に比べて支出がかなり多くなってしまい、儲からないらしいです。

しかも、アップされている動画の多くが著作権に引っかかっているため、運営側としてもおおっぴらにお金を取ることができないらしいんです。

ちなみに、この現象はyoutube以外の動画共有サイトにも現れています。
うーむ、世の中そんなに甘くないってことですかねぇ。

ブームが去ってしまったら面白い動画も減ってしまい、次第にユーザーも減っていってしまうので、このままだと動画共有サイトは衰退してしまうのではないでしょうか。

動画共有サイトのヘビーユーザーとしては、早く儲かる仕組みが見つかって長続きしてほしいです。
スポンサーサイト

<< 【適当学(水):第12回】カメラの中3秒間だけ僕らは 突然恋をする | ホーム | 食べるを考える その7 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。