プロフィール

barunballoon

Author:barunballoon
バルン・バルーンは、仙台に住む学生や社会人が、今話題になっているトピックを、若者の視点から、わかりやすく、日替わりでお届けするブログです。

[月]ムービー
[火]投資
[水]適当学
[木]オレ様
[金]フードビジネス
・・・・コミュニケーション
[土]書評
[日]スポーツ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/04/30 (Mon) 11:07
CMを見よう

こんにちは、ムービー&ビジネス担当、ケーシです。
仙台も最近はようやくあったかくなってきました!!しかも、ゴールデンウィーク!!
明日明後日の大学の授業が休みになることを期待している、今日この頃。

さてさて、先週お話したように、今回はムービーのことについて語ります!

ところで、みなさんは普段どのくらいテレビを見ていますか?
多分、大半の人が毎日見ていると思います。
ちなみに、僕の家はテレビがないので、ここ1ヶ月くらい見ていません(笑)

テレビを見ていると、必ず目に入ってくるのが“CM”!
これを見たことがない人はまずいないでしょう。

基本的にフジテレビなどの民放は、企業のCMを流す代わりに、その企業からお金をもらって番組を制作しています。
なので、CMを出す側の企業としては、より効果的なCMを流したいわけです。

30秒という短い時間ではあるものの、CMの中には、企業が伝えたいメッセージがたくさん詰まっているのです。

さてさて、CMと言っても一くくりにはできません。
CMをよく見てみると、いろいろなタイプのCMがあるのです。
例えば、ポッキーや午後の紅茶みたいにアイドルを使って商品のイメージアップを図るCM、
東芝の冷蔵庫みたいに自社の製品の良さをアピールするCM、
商品にはあまり関係ないけど、異様なクオリティで見る人にインパクトを与えるCM、
など様々です。

企業は、それぞれが伝えたいことを最大限に視聴者に伝えるために、ものすごい費用と労力をかけているのです。

また、企業側が伝えたいイメージを変えてしまえば、視聴者がそのCMから受けるイメージは全く変わってしまいます。午後の紅茶のCMを、あややではなく、みのもんたがやったら、全然違う印象を受けてしまいますよね。

その一例とも言える動画を、貼り付けておくので、参考にしてみてください。



このように、作り方一つで見る人に全く違うイメージを与えることができる、これが映像の威力です。
スポンサーサイト

<< 火曜:起業レポート(仮)第1回 | ホーム | sportfulな日々 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。